日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

お歳暮の時期は九州では違う?マナーと目安の金額!!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20191025131740j:plain

 

もう少し寒くなってきたら、お歳暮のことを考える時期に入ってくると思います。

しかし、お歳暮は贈る時期が一般的に決まっており、地域によって若干異なります。

贈る相手がどこに住んでるのか、その地域に合わせたお歳暮の一般的な日にちを確認してから渡すのも、マナーでしょう。

今回はその具体的な日にちを主に見ていきましょう。

 

 

 

 

お歳暮の時期は関東とは違う?九州の正しい時期とは?!

 

一般的なお歳暮を贈る時期は、12月上旬から20日くらいまでとされています。

この時期を過ぎてしまうとお正月シーズンへ入ってしまうため、遅くても25日のクリスマスくらいまでには相手に届くように送ると良と思いますが、地域によって様々で若干異なるようです。

九州地方のお歳暮の時期は、12月10日頃~20頃までとなります。

比較として下記全国の目安として日にちを載せました。

 

●北海道、東北地方、北陸地方、東海地方、関西地方、中国地方、九州地

・・・・・・・12月10日頃~20日頃

●関東地方・・・12月1日~20日頃(早いところでは11月末頃~)

●沖縄・・・・・12月初旬~25日頃

 

お歳暮はこの時期にきちんと贈ることが一般的となりますが、仕事や病気などの事情でどうしても贈ることが出来ず逃してしまうこともあるでしょう。

 

そのような時は表書きを「お年賀」として贈るようにします。

 

この時期も地域によって日にちが異なるようですが、関東では1月7日の松の内まで、関西では15日までに届くように送ることがマナーとされているようです。そして九州なのですが、調べた結果、松の内(お正月飾りを片付ける日)は1月7日、8日、10日、15日など様々であることがわかりました。

 

もし、その時期も間に合わず逃してしまいそうであれば、「寒中お見舞い」や「寒中御伺」として2月4日までには届くように送るようにすると良いようです。

 

 スポンサードリンク

 

 

失礼のないお歳暮の贈り方!マナーを守って気持ちよく送ろう!

 

お歳暮のマナーとして気を付けたいのが、まずは贈る人。誰にどのような人でなければ贈ってはいけないだとか、どのような関係の人にはかならず贈らなけらばならないといった決まりのようなものはないのですが、一般的にお歳暮は「日々お世話になった方々に感謝の気持ちを表すもの」です。そのように考えると、両親、義両親ですとか、上司、取引先、仲人、習い事の先生などが考えられると思います。

そして、贈るのであれば最低でも数年間は贈り続けるのがマナーです。贈る相手を考える時は、これからもお世話になる人か、関係を続けたい相手かを考える必要がありますね。1度のみ贈りたい場合は「お礼」とするのが良いようです。

また、お歳暮自体を贈ってよいか注意しなければならない場合もあります。会社関係の、上司などへ贈るときは、社内でやり取りを禁止している場合もあるので、注意が必要かもしれません。会社で取引先に贈りたい時なんかも、会社自体で贈答品の受け取りを禁止している場合もあります。また、政治家や公務員など、お歳暮の受け取りを禁止している職業もあります。お世話になったからといって贈ってしまっても相手に迷惑をかけてしまっては大変ですので、要注意です。

喪中の時のお歳暮も気を付けなければなりません。喪中はお祝い事を避けるというイメージがあるのでお歳暮を躊躇する方もいらっしゃると思いますが、基本的にお歳暮は「日々の感謝」となりますので、贈る側、受け取る側どちらかが喪中であっても贈ること、受け取ることに問題はありません。ただ、受け取る側が四十九日を迎えていない場合には、贈ることを控えたほうが良いようです。生前お世話になっていたとしても、亡くなった人宛てに贈らないというのも、残された家族を悲しい気持ちにさせないために控えることは、マナーとなるでしょう。そして、お返しについてですが、お歳暮は日頃の感謝のために贈られるものなので、基本的に必要はありませんが、お礼状を出すのは当然です。喪中でもお礼状は必要ですが、喪中の方からお歳暮が贈られてきた場合は、お祝い事を連想される文章は書かない点に注意が必要です。そしてお礼状は、3日以内には出すようにしましょう。知識として、喪中の方にお歳暮を贈るにはどのようなものが良いのか。おめでたい物は避けた方が良いと考えられますので、紅白のもの、お酒、お肉などは控えるのが無難でしょう。

喪中の方へは、仏壇にもお供えすることが出来る、お菓子類や果物などが良いと思います。

 

 

お歳暮の金額は高すぎも低すぎもよくない?!

 

お歳暮の金額の相場は3000円~5000円くらいが一般的です。しかし、どのような人にどのくらいの金額でという決まりのようなものはあるわけではありません。

特にお世話になっている人には10000円程度、予算をとる場合もあります。

      目上の人に安いものを贈ったり、またどんな相手であってもものすごく高額なものを贈ることも逆に失礼であったり、相手に気を使わせてしまう場合もあるので、いくらのものを贈るという金額で考えず、何をおくりたいかという品物で贈るものを考えるようにすると良いと思います。

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com