日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

鏡餅の飾り方は関西では違う!?

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190930094246j:plain

 

お正月が近づくと大そうじ、おせち作りなど忙しくなりますが、鏡餅の準備をされるお家も多いのではないでしょうか。
鏡餅って、地域によって飾り方が、ちょっと違うんですよね。
知っているようで意外と知らない、奥がふか~い鏡餅、その意味や関西での飾り方、ご案内していきますね。

 

 

 

 

鏡餅の意味を知って正しく飾ろう!】


鏡餅って、お正月に神様にお供えするお餅ってことは、知っている人も多いと思いますが、そもそも、なぜ、鏡餅って言うんでしょうね?
「鏡の形もしていないし、お餅なのになんで、鏡ってつくのかな?」って不思議におもったこと、ありませんか?

昔々、お餅はお正月にだけ食べることのできる、庶民にとっては貴重でありがた~い食べ物でした。
また、新年を迎えたことを祝うだけでなく、一年の豊作と無事故、災いから守ってもらうために、お正月に自分のお家に神様をお迎えすることがとても大事でした。
今ではあまり聞かなくなりましたが、昔は「鏡に神様が宿る」と言われ、鏡は神様と同じ意味合いを持っていました。
皆さんも学校の教科書で見たことがあると思いますが、昔の鏡は銅鏡と呼ばれ、丸い形をしていたのですね。
ですので、丸くふっくらとしたお餅、貴重な食物であるお餅を鏡に見立てて、お正月に神様を自宅にお迎えしたのです。

 

【鏡開きってどういう意味?】

鏡開きって、お供えの鏡餅をおさげして、みんなで食べる事なのですが、お餅を割った時に神様が出ていかれるので、「開く」という言葉で表現したのですね。
また、来年も来てくださいね。よろしくお願いします…という気持ちを込めて。
この神様の名前は「歳神様」。
歳神様をお迎えするためにどこのお家でも、鏡餅をお供えしたんですね。
この鏡餅には、歳神様が宿ると思われていたので、歳神様が宿ったお餅を家族みんなで、ありがたくいただき、新しい年の豊作、健康、幸せを祈りながら食べました。

 

スポンサードリンク

 

 

鏡餅はいつまで飾るのがマナー?】


鏡餅は多くの地域で、12月28日に飾ることが基本です。あまり早く飾っても不自然ですね。
かと言って、「29日」は、「9」が「苦(く)」と読めるので、縁起が悪いとされており、29日には、飾りません。
みそかの「31日」に飾るのは、「一夜飾り」といって、これまた、神様に失礼とされています。
「28日」の「8」は漢字で書くと「八」。末広がりで縁起が良い数字とされていますので、28日に飾ることが多いのです。

 

★関東ではいつまで飾る?


関東では、1月11日に鏡開きをします。
関東地方は、江戸時代に将軍様のおひざ元でした。おひざ元だった状態が300年間も続いたのです。
20日正月」という言葉からもわかるように、昔のお正月は、1月20日までだったのですが、
この江戸時代に1月18日から28日にかけて振袖火事と呼ばれる大火事が起こり、その教訓として1月7日でお正月の飾りを締める(片づける)よう幕府から通達があり、関東地方では、松の内(お正月の期間)を7日までとすることになりました。
なので、鏡餅を開くのを7日が過ぎた1月11日としたのです。
「なんで、1月11日なの?1月7日や8日でもいいじゃん?」と思うところなのですが、そこは、昔の人のこと、数字の縁起を重要視したのですね。
1月11日は、すべての数字が「1」でそろっており縁起が良いとされ、1月11日に鏡餅開きを行うことになったのです。

 

★関西ではいつまで飾る?

1月7日までが松の内(お正月期間)という風習が、公家(貴族)文化中心の関西では広まらなかったため、従来通りの1月15日に鏡開きを行う風習が残りました。
京都近郊では、1月3日までが「松の内」として鏡開きを1月4日に実施する地域もありますし、同じ関西の中でも1月15日までが「松の内」という地域では、1月20日に鏡開きが行われる地域もあります。

 

【飾り方も違いってあるの?】


鏡餅って、通常は2段重ね。スーパーでお正月近くなったら、売られている真空パック鏡餅って、よく見たら2段重ねですよね。
一部の関西地方では、鏡餅を3段重ねにする地域もあって、飾り方もちょっと違うんです。

2段重ねの鏡餅は、それぞれが太陽と月を表しており、太陽が陽、月が陰とされていて、暦上も大切な考え方を反映されていました。
3段重ねの鏡餅は、歳神様だけでなく、火の神様「荒神」をお祭りするものとして、重ねられたと言われています。
特に関西地方は、公家(貴族)文化が定着していた「京都」、日本の台所と言われた商人の街「大阪」の2大都市が江戸時代から栄えており、関東の武家文化とは一線を画していた歴史があります。
台所など火の神様も大切に新年にお祭りしていたのですね。

 

【最後に】

鏡餅をお飾りする飾り付けもミカンではなく伊勢海老だったり、串柿ではなくスルメを敷いたり、お餅とお餅の間にゆずり葉の葉っぱをはさんだり、昆布とスルメを細かく刻んでお米に混ぜたものを乗せたり…。
その地域で、お正月の時期に一番のごちそう、最高の食材を鏡餅にお飾りしていましたので、地域によって違うのは、当たり前と言えばそうなのかもしれません。
お飾りをした鏡餅、鏡開きで食べることに意味がありますので、食べ忘れないようにしましょうね。

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com