日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

年賀状の上手な断り方と親戚とのやりとりをやめる文例!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190927093029j:plain

「年賀状のやりとり、そろそろ卒業したいなぁ。」

「でも、急に年賀状出すのをやめたら、変に思われないかな…」

「年賀状、もう送りませんって、失礼にならない断り方ってあるのかな?」

毎年、毎年、繰り返される年賀状のやり取り。特に親戚や長年のお友達とのやりとりって、

そう簡単に辞めることが出来ず、困っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そこで、相手に嫌な思いをさせずに年賀状を卒業する方法を紹介していきますね。

 

 

 

【年賀状をやめたいけど、親戚の場合は気まずくなりそう】

親戚の場合は年賀状をやめても、親戚同士のお葬式や結婚式の席で、会う機会もありますから、今後のお付き合いが、ちょっと心配になりますね。

年賀状を出すことをやめる理由を説明した上で、「年賀状は控えるけれども、今後のお付き合いは、引き続きよろしくお願いします。」」ということをきちんと相手に伝えれば、相手の方も嫌な気持ちを持たずにすみますね。

大切なことは、相手に嫌な気持ちを持たせないように、「年賀状を今後、出しません」ということを伝えることです。

伝え方が、大切ということですね。

それではどのように伝えれば、相手に嫌な思いさせずに年賀状を卒業できるのか、みていきましょう。

 

【年賀状をやめるには、タイミングが大事】

年賀状をやめるには、年賀状に「今回を最後に年賀状をやめます」というお知らせを書き、翌年以降は年賀状を送らない方法と、事前に年賀状を送らないことをお知らせする方法と2通りあります。

できれば、後者をおススメします。

多くの人が年賀状を準備するのが、12月に入ってからですので、その前、11月下旬から12月上旬には、「年賀状を辞退します」というハガキを相手に出しましょう。

新年のご挨拶である年賀状に「来年からは出しません。年賀状やめます。」と伝えるのは、受け取った方からすると不快で、嫌な気持ちになりますね。

ですので、相手からの年賀状が届く前に、年賀状辞退のお知らせをしましょう。

 

【真心こめて相手に伝えよう】

今までのやり取りをやめるわけですから、相手が嫌な思いをしないよう、また今後もお互いに気持ちよくお付き合いができるよう、真心が伝わるように工夫しましょう。

誰でもできる工夫のひとつとして、文面を手書きで書くことをおススメします。数が多い場合、1枚1枚手書きで書くのは大変ですが、ここは、相手に真心が伝わるよう、手書きでがんばって書きましょう。あて先は印刷でよいと思いますよ。

「手書きは数が多すぎてムリ…。」という人には、ハガキに貼る切手を工夫してみましょう。

記念切手や地域限定の切手、季節を感じる切手など、相手が受け取った時にあなたの心遣いをきっと感じることと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

【年賀状を穏便にやめるための例文集!】

さあ、それでは、相手に嫌な思いをさせずにすむスマートな年賀状辞退の例文をご紹介していきますね。

年賀状で知らせる場合

「毎年の年賀状のやりとりを楽しみにしておりましたが、私自身、高齢のため書くことが大変になってまいりました。本年を持ちまして、どなた様にも年始のご挨拶を控えさせていただくことに致しました。まことに勝手なお知らせではございますが、今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い申し上げます。今後は、電話やメールなどで、連絡を取り合わせていただければ、ありがたく存じます。どうぞ体調を崩されませんよう、お元気でお過ごしくださいませ。」

 

 

 

年賀状が届く前にお知らせする場合

「師走に入り、お忙しい日々をお過ごしのことと思います。どなた様にも年賀状のやり取りを控えさせていただきたく、ご連絡を差し上げました。今後は、電話やメール、LINEにて、お互いの近況のやり取りをさせていただけましたら、大変にありがたく存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。寒さ厳しき折、お風邪など召されませんよう、ご自愛くださいませ。」

 

ポイントは「みんな」に出してます。

上記の2例に共通している点は、「どなた様」という言葉を通して、皆さんへお知らせしていますよ、みんなに年賀状辞退しますよということを伝えている点ですね。

受け取った人だけに対して年賀状をやめたいわけではなく、「皆さん、同じですよ。」ということを伝えることが、相手に嫌な感情を持たせない、ひとつ目のコツです。

次に大切なポイントは、今後の連絡方法を伝えている点です。

「年賀状はやめますが、あなたとは今後もお付き合いをしていきたいと思っています。」ということを相手にきちんと伝えることです。

このことで、連絡を受け取った方も不快に思わず、安心しますね。

 

【最後に】

年の初めのご挨拶と、日ごろの感謝の気持ちを伝えるのが、年賀状。

ライフスタイルの変化やSNSなどの情報伝達の方法が大きく変わってきている中で、あなたなりの方法で、「日ごろの感謝」や「新年のごあいさつ」を伝えていけばよいのではないかと思います。

年賀状辞退のお知らせの文面の中に、あなたの電話番号やメールアドレスを追加すれば、より親切で、あなたの気持ちが伝わると思いますよ。

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com