日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

お歳暮のお礼のメールはどう書く?お返しや渡し方は?

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190923203030j:plain

 

今回はお歳暮のお礼についてです。12月になり年末が近づいてくると、お歳暮の時期となりますね。1年の締めくくりとして、日々お世話になっている方に感謝を伝えるもの。

 

ただ、絶対に贈らなければならないというものではないですし、昔と違い上司や取引先だけではなく、今は親しい友人や知人に贈ったりすることもあるようです。

 

では、お歳暮を受けっとった時のお礼はどのようにしたら良いのか。以下情報をまとめましたのでご覧ください☆

 

 

 


お歳暮のお礼にメールだけでは失礼!?

お歳暮は基本的にお祝いなどではなく、日頃の感謝を込めて相手に贈るものです。ですので一般的にお返しは必要がないといわれています。

 

ですが、常識的に考えて、何か相手から品物を受け取った時は、お礼を言ったり、お返しをしたり、一方的にもらうだけなんてことはないのでは。

お歳暮を頂いた時は、お礼状を出すのが主流です。

また、受け取った方も、相手に日々お世話になっているような関係であれば、お歳暮を贈り返すということもあります。

その他お礼の表し方として、最近はインターネットの普及でメールの利用が容易になりました。メールを使いお礼としての文章を相手に送るのも、今は一般的のようです。

頂いたものと一緒に撮った写真や、食べ物であればそれを家族みんなで頂いてる風景なんかをメールに添付して相手に送ったりすると、相手に喜ばれるでしょう。

正式なやり方としてはお礼状のハガキをきちんと出すのが基本ですが、親しい間柄の友人知人であれば、メールでのお礼でも良いと思います。


メールでの連絡であれば、どのうな文章にすれば良いのか。以下例文を記載します。

1 お変わりありませんか。
2 お歳暮が届きました。いつもお心遣いありがとうございます。
3 家族みんなで美味しく頂きました。
4 これからますます寒くなりますが、お身体を大切にお過ごしください。

このように、②のお礼、感謝と③の頂いたものの感想 を、文章で表すことが大切になると思います。親しい友人知人であればこような形式でもう少し話し方を崩し親しみを込め、相手に気持ちが伝わる文章になれば、メールでの返信も問題はないと思います。
ですが、まだ一般的なお礼の仕方としてはハガキとなりますので、以下例文を載せます。

 

1 師走の候、年内も余日少なくなりましたが、お健やかにお過ごしのことと存じます。
2 このたびは、お心尽くしのお歳暮の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。
3 早速一同で有難く頂戴いたしました。
4 寒さはこれからが本番となりますので、みなさまどうぞご自愛ください。

ハガキはメールに比べ敷居が高く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、文章内容はメールと変わりません。

 

ただ、目上の人や会社関係の大事な方であればメールよりハガキをおすすめしますので、上記の例文のような丁寧な文章で記載することをおすすめします。

 

①で季節の挨拶

②で頂いたお礼

③で頂いたものへの感想

④で締めの文章となります。

 

 

この形で上手く組み合わせ、自分なりの言葉で書くことが出来たら、相手へ感謝の気持ちが伝わると思います。

お歳暮とは人と人との繋がりを大切にするものであると思います。

相手がどのうな気持ちで自分に対して贈ってくれたかを考えて、お礼状を書くと良いでしょう。それによって、相手との関係がもっと良い方向へと進んでいくと思います。

スポンサードリンク

 

 


お歳暮のお返しはいつまでに送ればいい?!

お歳暮は昔は上司や取引先などお世話になっている方や目上の方に贈るのが一般的でしたが、今は「お世話になっている」の意味が広く考えられるようになり、「贈り手」と「受け取り手」が同等の場合も少なくないようです。


お歳暮は地域によって多少異なりますが、だいたい12月の上旬から12月20日くらいまでに送られてくるものです。

その期間内に届き、お返しを贈ることが出来そうであれば、こちらも「お歳暮」としてお返しの品を贈っても良いでしょう。

もちろんお歳暮のお返しは基本的にはしなくてもよいという考え方が一般的なので、お礼状のみでもかまいません。ですが、お礼状でもお返しでも、頂いたものに何か感謝を表現することは忘れずにしなくてはなりません。

頂いて何もせず、そのままにしておくことは一番マナーに反しています。

お礼状であってもメールであっても、お返しの品であっても、頂いてからだいたい3日以内には返信するのが基本です。

もし、クリスマスやお正月、仕事の年末の業務などで忙しく、すぐに返信の準備が出来なかったり、年内に相手に届くように手配出来なかったりする場合があれば、1月7日も松の内までの贈るようにしましょう。


お歳暮のお礼の渡し方は?!

お歳暮のお礼は手渡しが基本のようですが、遠方に住んでいたりとなかなか難しい場合も多いと思います。

そのような時は郵送が基本となりますが、品物だけ贈ってしまってもそれが何のために贈られてきたものなのか相手も困ってしまいます。

そんな時は日々の感謝の気持ちを綴った挨拶状を同封すると、お歳暮として受け取ってもらえます。手渡しする時のマナーとしては、早朝や深夜を避け、一般的に訪問に迷惑にならない時間帯を選びましょう。

風呂敷に包み持参するのがマナーとされているようですが、今の時代なので、風呂敷のように品物にゴミがついたりしないように紙袋なんかに入れて持っていくと良いでしょう。


最後に、、、


一般常識としてお礼の文章やお礼の渡し方など細かいルールはあるようですが、大切なのは「こちらこそありがとうございました」という素直な感謝の気持ちです。

それが相手に伝わるような文章や振る舞いを心がけて、お歳暮のお返しをしてみてください。

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com