日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

年賀状はいつから出せる?知っておきたいマナー!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190927093029j:plain

新年のごあいさつ、皆さんはLINE派ですか?それとも年賀状派ですか?

LINEスタンプで新年のあいさつもいいけれど、ちょっとこの人にはちゃんと年賀状で出したいな…と思っているあなた。

そもそも年賀状って、いつまでに出すものなの?

いつまでに着かないとダメなのかな?

LINEスタンプと違って、なんだか書いちゃいけない言葉ってあるのかな?

 

いざ年賀状を出そうと思うと、色々な疑問が浮かんできて「うっ、なんだか、とってもめんどくさそう…」と気持ちが、引いてしまいますよね。

でも、大丈夫。

知っていれば、恥をかかずに自信をもって年賀状が出せるマナーをご案内していきますね。

 

 

 

【年賀状はいつから出せるの?】

年賀状は新年のごあいさつ状なので、1月1日から1月7日(松の内)までに届くように出すのが、基本です。

1月7日を過ぎて届く場合は、年賀状ではなく「寒中見舞い」として、年賀ハガキとは別の普通のハガキで出してくださいね。

毎年、年賀状の受付は、1215日から。

郵便局で受付スタートなので、近所にあるポストにも1215日以降に入れてね。

それ以前に出してしまうと、年賀ハガキでも、通常の日数で年内に届いてしまうので、あくまで1215日以降で、出すようにしてください。

 

【年賀状が元旦に届くようにするには?】

年賀状は、新年のご挨拶なので、できれば1月1日の元旦に届けるようにしましょう。

元旦に届くようにするには、いつ頃までに出せばいいんでしょうか?

1225日までに郵便局で回収された年賀状は、元旦に届けてくれます。

郵便ポストによって25日の最終回収時刻が違うので、近所のポストに年賀状を投函する人は、最終の回収時刻に間に合うよう投函してくださいね。

ポストの回収時刻は、それぞれのポストに書かれているので、時間のある時に確認しておくといいでしょう。

1225日に投函できなくて、26日や27日になったとしても、郵便局では極力、元旦に届くよう努力してくれるそうですが、確実に元旦に届けるためには、1225日までに投函を済ませておいたほうが安心ですね。

ちなみに、普通ハガキを年賀状として出す場合、ハガキの送り相手の住所を書く面の上の方(郵便番号を書く所の上)に赤色で「年賀」と書くことを忘れないでね。

 

スポンサードリンク

 

 

【年賀状の最低限知っておきたいマナーとは?】

LINEやインスタといったSNSと違い、年賀状には、昔からのルールがあります。

最近は、こういったルールをあまり気にしない人が増えてきたとは言え、ポイントはおさえておきましょう。

忌み言葉は使わない

あらかじめきれいに印刷された年賀状にひと言、手書きで書き添える場合や手作りの年賀状で自筆で書く場合、実は、使ってはいけない(書いてはいけない)言葉が年賀状にはあります。

不幸なこと、不吉なことを思い起こさせる言葉は、極力、控えるようにします。

たとえば、よくやりがちなのが「去年はお世話になりました。」という文章。

「えっ、どこがダメなの?」って、思いませんでした?

「去年」の「去」という字が忌み言葉で、「去る」「離れる」という意味合いがあることから、年賀状では使わないのです。

年賀状では、「昨年」や「旧年」という言葉を使うようにしましょう。

他の忌み言葉としては、「切れる」「落ちる」「終わる」「離れる」などもそうなので、使わないように気をつけましょうね。

 

句読点の使い方に気をつけよう

通常の文章を書くのとは違い、年賀状では「、」「。」の句読点を入れないのが、正式なんです。

「え~、知らなかった!」という人も多いのでは。

「、」の句読点が入るところで、改行します。

「。」を入れるところは、スペースを空けるなど工夫します。

 

書き出しはどうしたらいいの?

年賀状のマナーとして、新しい年をお祝いする言葉は必ず入れるのが正式です。

賀詞といって、新年を祝う決まり文句ですね。

たとえば、「謹賀新年」や「あけましておめでとうございます」がそれにあたります。

ほかの文章よりも大きめの文字で書くと、全体のバランスもよくなりますね。

 

目上の人へのマナー

新年を祝う賀詞には、「賀」などの一文字、「迎春」「賀正」などの二文字、「謹賀新年」などの四文字がありますが、目上の人へは二文字以下の賀詞は使わないようにしましょう。

二文字以下の賀詞には、「謹んで」という意味合いが含まれていないので、丁重さに欠けることから使わないのが基本です。

ただ最近は、そこまで気にしない人も増えてきていますし、相手によってはそこまで神経質になることもないでしょう。

 

【最後に】

最近は「HAPPY NEW YEAR」のような英語の賀詞も、当たり前のように世の中に定着してきましたね。

ちなみに年賀状で「A happy new year」を使っている人、ごくたまに見かけますが、これ、間違いなので、知っててくださいね。「A」はつけませんよ~。Happy birthdayに「A」をつけないのと同じですね。クリスマスカードに書かれる「Merry Christmas and a happy new year」には

       A」をつけます。

今年はちょっとグローバルに英語の賀詞で、年賀状を送ってみませんか?