日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

大掃除のスケジュールはいつから立てる?手順を大公開!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190924082200j:plain


 

 

毎年「さぁ、がんばるぞ~!」と大掃除を始めても、途中で疲れてしまって「ちょっと、休憩。」とソファに座ったとたん、ウトウト…。結局、最後まで終わらず…なんてこと、ありませんか?

はりきって、大掃除を始めたものの、最初に手をつけたところから「あれも気になる」「こっちも気になる」と色々手を出した結果、なかなか終わらず、困った経験はありませんか?

「大掃除って、苦手…」と12月に入ったとたん、ちょっと暗い気持ちになったことってありませんか?

大掃除は、普段のそうじより大掛かり、大変なので、限られた時間の中で最後までやりきるには、効率的に掃除を進めていくことが大切。

 

 

 【大掃除はいつから始めると終わらせることができる?】

 

簡単でいいのでスケジュールを立てて掃除に取り掛かることがポイントです。

どんなスケジュールを立てれば、サクサク進んでいくのか、早速、見ていきましょう。

 

 

ズバリ「いつ、終わらせたいのか。」がポイントです。

勝利(今回の場合は、大掃除を完了させる)からの逆算ですね。

年末の過ごし方は、それぞれのご家庭でかなり違うと思いますので、まず、大掃除をいつ終わらせたいのか、あなたの「終わらせたい(大掃除完了)日」を決めましょう。

お出かけの予定があるご家庭は、それまでに大掃除を終えていたいでしょうし、年末、おせちを作るお家の人は大掃除は、その前にはある程度、すませておきたいという人もいるでしょうし、大みそかの午前中くらいまでに大掃除を完了してればOKという人もいるでしょう。

大掃除を終わらせておきたい(完了・終了)日の何日前から、どんな手順で進めていけばいいのか、これから説明していきますね。

 

【大掃除の始め方!おすすめの手順を公開!】

不用品の処分

大掃除で一番最初にすることは、お家の中で、いらないもの、必要なものの整理をして、不要になったものを処分することです。

この時、気をつけてほしいのが、ゴミの収集日。

住んでいる地域によって、ゴミの収集日が違うと思いますので、可燃物はもちろん、不燃物、資源ごみなど、最終収集日を確認してね。

子どもやパパの物で処分する場合は、必ず「処分するよー。」って、ひと声かけてあげて。

「処分してもいい?」って聞くと「えーっ、だめ」「イヤーッ」って言われることが多いと思うので、あくまで処分が大前提で伝えてあげてください。

ゴミに出す日の2~3日前には「処分するよ。」って伝えて、ゴミ収集の前日には、処分するものは、玄関ホールや廊下の見えやすい場所に置くと、子どもやパパにも処分物がわかりやすいですね。

くれぐれも勝手に処分して、ケンカにならないようにご注意を。

 

大掃除の場所リスト作成

2番目にすることは、大掃除する場所を決めることです。

大げさなリストではなく、メモ程度のかんたんなものでOK.

大掃除したい場所を書いてみましょう。

このリスト(メモ)に書く場所は、普段、そうじが行き届いていなくて気になっている箇所、ここだけは絶対、大掃除したいっていう場所を書いてね。

なんとなく目についた所からそうじをして中途半端に終わるより、あらかじめ決めた場所を一か所ずつ、確実にお掃除していきましょう。

リスト(メモ)に書くことで、大掃除の場所がはっきりわかって、その場所に合わせた掃除道具もそろえやすいですね。

そうじの途中で「うっ、洗剤が残りわずか。」って、もう一度、外出して買いに行かなくちゃいけないってことも省けますね。

 

そうじ場所の順番はどうする?

お掃除の基本は、奥から前へ、上から下へ。

たとえば、フローリングを掃除した後に天井の照明器具を拭いたりすると、せっかくきれいになったフローリングの上にホコリが落ちてしまいます。

ですからこの場合、天井の照明器具を拭いてから、フローリングを掃除します。「上から下へ」ですね。

「奥から前へ」「上から下へ」を意識しつつ、お掃除が大変でしんどいところから、順番に行っていきましょう。

お掃除が大変なところって?

そうです、水回りですね。普段、ちょっと目をつむって見ないふりをしている水アカ、ゴムパッキンの黒カビ、排水口…。

そうじするのにちょっと気合いのいる場所です。

最初にがんばっちゃいましょう。

ですので、大掃除場所の順番は、

  1. トイレ、バスルーム、洗面所

  2. キッチン

  3. それぞれのお部屋

  4. リビング、廊下、階段、ベランダ

  5. 玄関

キッチンは毎日使う場所なので「あまり早くから掃除をして汚れるのも嫌だなぁ。」と思う人は、順番を最後の方にもってきてもいいと思いますよ。

玄関をそうじの最後にもってきているのは、毎日の出入りで、掃除しても自然とホコリがたまってしまうからと「奥から前へ」そうじした際に、家中を大掃除した際にホコリが一番たまりやすい場所なので、最後に掃除した方が、汚れなくて済むからですね。

 スポンサードリンク

 

 

結局いつから大掃除スタートする?

上記1)~5)の項目の場所を掃除するのに、皆さんは、どの程度の日数が必要ですか?

人によって、掃除作業にかかる時間は若干違うと思いますので、普段のご自分の掃除作業時間をちょっと振り返ってみてください。

早い人で3日間、休憩しながらゆっくり掃除したい人で4日間程度かな…と思います。

そこに、不用品の処分(家族に告知する日数も含め)の日程も加えると、6日~7日間は必要ですね。

大掃除を完了(終了)したい日を含めて、6日~7日前にスタートすれば、大丈夫。

 

【最後に】

いかがでしたか?

リスト(メモ)作成と手順で、サクサク終わらせてしまいましょう。

苦手な大掃除も計画立ててスタートすれば、簡単、楽チンですね。

ちょっと素人では大変な場所、たとえば換気扇やエアコンなどは、クリーニングのプロに任せるのも一つの方法。

11月中にお願いすれば、早期割引で安い金額で請け負ってくれる業者さんもありますよ。

今年の大掃除は「サクサク」作業が進みますように。