日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

お雑煮の由来と地域差がある理由!全国違いを比べてみた!

スポンサードリンク

 

f:id:mariparon2:20190917081930j:plain

 

普段は、イタリアンや中華が好きな人でも、お正月はお雑煮を食べる人も多いと思います。

お雑煮を食べると「新年なんだな~」と心新たになるから不思議ですよね。

 

私はお雑煮が好きなのですが、地域によって違うの知ってました?

 

家で食べてるのが全国共通だと思っていたので違うことに驚きました。

 

お雑煮の地域の違いについて紹介します。

 

 

 

お雑煮の由来を知ってもっと楽しく食べよう!

 

雑煮は、新年に神様にお供えした食物を「お下がり」として食べたことに由来します。
神様からの惜しみない好意をいただくという意味で食べられていました。

肉や野菜など様々な具材を煮て食べたので「煮雑ぜ(にまぜ)」と呼ばれ、この「煮雑ぜ(にま

ぜ)が「雑煮(ぞうに)」の語源です。

 

慣れ親しんだお正月のお雑煮、実は住んでいる地域によってかなり違うって知ってました?

お雑煮の違いは、それぞれの地域の歴史の違いにありました。

お雑煮を知れば、歴史がわかる!?

 

みんな、どんなお雑煮を食べているの?

関西出身の私が、関東のダンナさんの実家で初めてのお正月を過ごした時、

自分が今まで食べてきたお雑煮とは全く違うお雑煮が出てきました。

「白くて四角い形のもの、これってお餅?」

「鶏肉が入ってるーっ!

 

「しかも透明の液体で、中身の具材が透けて見えてるーっ!

 

これってなに?

おすまし?味噌汁?

お椀に入った汁物、かろうじてお雑煮とわかりましたが…。

新年に当たり前のように食べていたお雑煮、その地域によってかなり具材も内容も違うことを、

初めて知ったのでした。

それでは、古くから日本人のお正月に欠かすことのできないお雑煮、その違いをみていきましょう。

 

お雑煮が地域に差がある理由は?

その理由がよくわかるのが、お雑煮のメインである「お餅」。

え~っ、お餅も地域によって違いがあるの~?と思ったあなた。

そうなんですよ、お餅も地域によって形が違うのですよ。

            さかのぼること江戸時代から、関東エリアは「角餅」で長方形の四角のお餅、関西エリアは「丸餅」で角の無いま~るい形のお餅。

 

そもそもお雑煮の発祥の地は、京都と言われており、京都ではお餅をついてひとつひとつ手で丸めていました。

これはま~るい形が「円満」を意味していて、生命の源、神聖なものととらえられていたからです。

余談ですが、神様にお供えする鏡餅(お正月に神棚や仏壇にお供えされている大きいお餅)は、関東でも丸い形ですね。

これは、丸い形は神事に由来するからです。

刃物で切ること自体、良くないこと、タブー(禁忌)だったので、食べやすいよう丸い小餅にされました。

「じゃぁ、ま~るい大きな鏡餅は、どうやって切って食べたのかな?」と思った私。

調べてみました。

丸くて大きなお餅は、小槌(こづち)てたたき割っていたそうですよ。「打ち出の小づち」とかっていう言い方、聞いたことないですか?あの小槌(こづち)です。

 

一方、関東ではなぜ、丸いお餅ではなく角餅なのでしょうか?

色々な説があるようですが、江戸は将軍様のおひざ元であり、食文化も貴族(公家)文化である京都とは違い、武士(将軍)文化の影響が色濃く反映されていました。

将軍様のいる江戸では、「敵をのす」(敵をコテンパンにやっつける)という意味で「のし餅」(大きい細長い餅)が使われるようになりました。

また、人口の多かった当時の江戸では、多くの人が長屋住まい(江戸時代の共同住宅、今のイメージでいうと風呂なし、共同便所の木造アパート)で、火を起こせるかまど(今のイメージでコンロですね)をみんなで使っていたため、お餅をついて丸めるスペースもなく、手早く大量に作れるようにと「のし餅」を作り、一気に切って角餅にしたそうです。

江戸の庶民、生活の知恵ですね。

 スポンサードリンク

 

 

お雑煮の全国の違いは味、材料にあり!?

それでは、味はどうでしょう?

味を左右するスープ(汁物)をみていきましょう。

味噌は、大豆や米、麦などの穀物に塩や麹加えて発酵させたものですが、

地域によって同じ季節でも温度、湿度が大きく変わってきます。

また収穫できる穀物も冬の間だったら、地域によってはかなり限定されますね。

交通アクセスや移動手段がとても限られていた時代、その地域で収穫できる物で味噌を作るしかなく、味噌が調達できない、作ることができない地域は、ダシだけで汁物(おすましですね)を作るしかなかったのです。

冬の季節、穀物自体を収穫保存できない地域も当然、ありますね。

ですので地域によって、お雑煮の汁もの、「味噌」文化も違っていました。

日本列島は、いくつかの「味噌」文化に分けられます。

・すましのお雑煮は、主に北海道、東北、関東、中部地方ですが、中国や四国そして九州地方の一部。

・赤みそのお雑煮は、北陸地方の一部。

・白みそのお雑煮は、近畿をはじめ、中部や四国そして中国地方の一部。

・小豆汁のお雑煮は、鳥取県の海岸沿いの地域。

 

すまし汁も海でとれるカツオや昆布のダシの地域もあれば、内陸地域では鶏肉を入れてダシにした地域もあります。

その季節、収穫できる物の中で一番高級とされていたものでダシを取り、神様へお供えした「お下がり」が具材だったので、地域によって違いが出てくるのは、当たり前ですね。

 

なるほど~、そういうことだったのね。

だから、白みそに丸餅の入ったお雑煮しか食べたことのない私が、関東出身のダンナさんの実家で、すまし汁に角餅の入ったお雑煮にびっくりしたはずですね。

 

最後に

現代では、お正月が近づくと、スーパーの棚には「丸餅」と「角餅」の両方が売られ、水菜をはじめとする京野菜と呼ばれる具材も東京のスーパーで見かけるようになりましたね。

地域に関係なく、個人の好みでのお雑煮を作ることができる便利な世の中になりました。

お正月は三が日あるので、毎回、違ったお雑煮を作って食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

ちなみに丸餅と角餅の境界線は岐阜県付近。

不思議なことに関ヶ原の戦いが行われたあたりです。

天下分け目の関ヶ原の戦いが、食文化の分かれ目なんて、やはり歴史を感じますね。