日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

六義園で紅葉デート!見頃はライトアップされる夜だけど混雑必須!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190810064846j:plain

六義園(りくぎえん)は、1695年に、五代将軍徳川綱吉
側用人柳沢吉保が、綱吉より下屋敷として与えられた
駒込の地に造った、江戸期を代表する回遊式庭園です。

明治時代に入り、岩崎弥太郎氏(三菱創設者)の所有となり、
その後、昭和13年東京市に寄付されたことにより、
一般公開されることになりました。

 

 

六義園で紅葉デートは意外とおすすめ!

 

季節ごとに見ごろの花が咲き、歴史深い景観と相まって、

非日常空間と和の癒しを感じることができます。
高低差があるので、高い位置から見ると立体的な奥行きで
素晴らしい景観が味わえます。

駒込といえば、東京の下町にあたり、デートのイメージは
結びつきにくいかもしれませんが、駅を降りてすぐの場所に
あることや、都内にあるとは思えないほどの静けさと、
有料の庭園で充分に整備されていることもあり、デートにも
もってこいの人気スポットになっています。

特に、紅葉の時期は、夜にライトアップがあり、
大変きれいな様子を楽しむことができます。

そんな六義園の、紅葉の見ごろやライトアップついて、
紹介していきます。


六義園の紅葉の見ごろはこの時期。

平常時、六義園の開園時間は9:00~17:00ですが、
紅葉の時期は、日没後にライトアップ点灯がされて、
21:00まで延長で開園していて、長く景色を楽しむことが
できます。
令和元年(2019年)は、11月20日(水)~12月12日(木)
の期間でライトアップが開催されることが決まっています。

ちなみに有料の庭園なので、入園料が掛かりますが、
こちらは一般料金が300円と、とてもリーズナブルです。

六義園の紅葉は11月下旬~12月上旬が見ごろです。
色づき始めが11月中旬で、12月中旬を過ぎると落葉していきます。
見ごろの時期には、イロハカエデは約400本、ハゼノキや
イチョウなど計約560本が庭園を鮮やかに彩り、山や池が
配された園内のいたる所で紅葉が楽しめます。

日中の散策も、庭園ガイドを利用すると、園内の見どころを
しっかりと周る事ができます。
庭園ガイドは11時と14時に実施され、60分間、庭園ガイドの
ボランティアさんの案内で園内散策がおこなわれます。

池を囲むようにカエデが植えられており、水面に映る紅葉も
楽しむことができますよ。
いたるところで紅葉が楽しめる六義園ですが、
吹上茶屋~藤代峠あたりの高い場所に行くと園内の紅葉が
一望できます。

また、「もみじ茶屋」や「抹茶茶屋」ではお茶や和菓子など
軽い飲食ができるのですが、一休みしながら紅葉を楽しむことが
できるのも、趣き深いものがあります。

夜はライトアップがおこなわれ、非常に幻想的な風景となります。
夜間の庭園は、水面に映るライトアップされた紅葉や、
ほのかな光に照らされる石橋や灯篭などで、雅な美しさを
堪能することができます。

特に、ライトアップされた「水香江」の紅葉は見物です。
六義園にはかつて、「水香江」という蓮池がありました。
この蓮池は「蓮の花の盛りの頃には、水までも良い香りがする」
という意味で名づけられました。
ライトアップでは、その蓮池を、現代風に「青い光とミスト」で
「水」の清らかな流れを再現しています。
ライトで再現された青い水面と、ライトアップされた紅葉は
非常に神秘的に見えます。

スポンサードリンク

 

 


六義園の紅葉のライトアップは人気だから混雑必須!?

明るい時間帯の紅葉も、秋晴れの日には気持ちいいものですが、
ライトアップで非日常的な風景が見られるのであれば、そちらも
楽しみたいと思います。
しかし、やはり同じように思う人は多いようで、ライトアップの
期間、庭園は混み合います。

期間限定のライトアップなので、入園待ちも発生することも
しばしばあるようです。
入園チケットを買うのに100mも折り返して並ぶことも
あります。

入園時の混雑を避けたいという方は、日没の少し前の
時間帯から入園しておくことをおすすめします。

また、平日の方が混み具合は少ないので、仕事帰りに平日に
訪れるのもおすすめです。

ただし、最終入園時間は20:30ですし、開園時間も21:00まで
ですので、訪れる時間には気をつけるようにしてくださいね。


まとめ

六義園の紅葉とライトアップについて紹介してきましたが
いかがでしたでしょうか。

六義園の周辺には温泉や銭湯が楽しめたり、東京の下町の
雰囲気を満喫できるスポットもたくさんあります。

また、最寄りの駒込駅はJR山手線の駅ですので、池袋や
新宿などの繁華街に出ることもでき、紅葉の鑑賞後に、
ちょっと遅めのディナーに出かけるのも良いでしょう。

日中から六義園の紅葉を楽しむのももちろん素敵だと
思いますが、日中は例えば代々木公園でのんびりと
ピクニックをしてから、夕方から六義園で紅葉の
ライトアップを楽しむというデートも、なかなかおすすめの
デートコースだと思います。

六義園は、大変アクセスの良い場所にある庭園なので、
他の観光スポットと組み合わせて、楽しめると思います。

今年の秋の紅葉は、六義園の幻想的なライトアップで
めいっぱい満喫してくださいね。