日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

加齢臭は頭皮から!原因と対策におすすめな石鹸紹介!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190906081402j:plain


 

最近なんだか使っている枕が臭う、後頭部を手で掻いたら

指先が臭い!なんてことになっていませんか?

 

若い頃の汗臭さとはまた違った、油っぽいにおいで、

年齢とともに体臭が変わってきていることを感じて

きていませんか。

 

若い人の加齢臭についてご紹介します。

 

 

頭皮の苦いが気になる!これって加齢臭?

 

油くさいにおいが気になるのであれば、「ミドル脂臭」と

呼ばれるにおいが発生しているのかもしれません。

 

このにおい、男性は自覚しにくい一方で、女性は気づきやすく

なおかつ不快に感じる特徴があり、世のお父さん方は

ケアを怠ると、妻や娘さんに、会社では女性社員に、

めっぽう嫌がられているにおいとなっています。

 

ミドル脂臭は、30代半ばから50代半ばの男性の方なら

誰でも発生しうるにおいで、対策することで軽減させることが

可能です。

 

今回は、30代半ば以降の方が悩む体臭「ミドル脂臭」について、

においの原因と対策について紹介していきます。

 

 

においの原因はコレだった!

 

「ミドル脂臭」とはあまり聞き慣れない言葉ですが、

男性化粧品の会社であるマンダムが発見し2013年に

発表した、ミドル男性特有の体臭を指します。

 

一般的に50代以上から本格的に発生すると言われる

「加齢臭」は、皮脂に含まれる成分が分解されて発生する

ノネナールという物質による、枯草のようなにおいと

されています。

 

それに対し、「ミドル脂臭」は、汗に含まれる乳酸が、

皮膚の常在細菌に代謝・分解されることによって発生する、

「ジアセチル」が原因成分です。

この成分は、使い古した油のような不快なにおいを

させています。

このにおいは、主に後頭部や頭頂部に発生します。

 

また、頭皮に存在する常在細菌が皮脂をエサとして

代謝・分解の際に中鎖脂肪酸を排出するのですが、

中鎖脂肪酸自体は、「頭皮のにおい」として、比較的

弱いにおいなのですが、先ほどの「ゼアセチル」と

中鎖脂肪酸が混ざることで、皮脂に蓄積され、

さらに強烈なにおいとなってしまいます。

 

なお、「ゼアセチル」の発生量は、40代を中心に多く発生し、

また、20歳から40歳にかけて年齢と共に増加する傾向が

あることが分かっています。

 

「ミドル脂臭」という名前のとおり、ミドル世代である40代は

「ゼアセチル」発生量がピークなので、対策を怠ると

使い古しの油のような不快なにおいを伴っている状態に

なってしまうのです。

 

においの対策におすすめなシャンプーってどれ?

 

ミドル脂臭が蓄積される、皮脂をしっかり落とすため、

ある程度以上洗浄力のあるシャンプーを選ぶことが

大切です。

 

スカルプシャンプーといわれているシャンプーは、

髪をきれいにしてツヤを出すことが目的の普通の

シャンプーとは異なり、”頭皮を清潔に保つ”ことを

目的としているため、不要な皮脂を落とすための

洗浄力に期待ができるといえます。

 

スカルプシャンプーでも、男性向けと女性向けがありますが、

男性と女性で、頭皮に必要な状況が異なります。

 

具体的には、男性向けのスカルプシャンプーは、皮脂の

分泌量の多い男性の頭皮に対し、余分な皮脂を落とせるよう

洗浄力のある商品が多いです。

それに対して、女性向けのスカルプシャンプーは、加齢により

乾燥やダメージを受けやすくなった女性の頭皮に対して、

保湿成分やダメージ補修成分が豊富な商品が多いです。

 

頭皮の状況によって選ぶべきシャンプーは異なりますが、

ミドル脂臭が気になる男性は、余分な皮脂を落とすケアを

する必要がある方が多いので、男性用のスカルプシャンプーを

選ぶようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

正しいシャンプーの仕方で臭いを抑える! 

余分な皮脂を洗い落とすため、正しいシャンプーの

やり方を確認しておきましょう。

 

1.髪をブラッシングする】

ブラシや手ぐしで髪をとかし、髪や頭皮の汚れをしっかりと

浮き上がらせて、落としやすくします。

 

2.お湯で髪と頭皮の汚れを洗い流す】

シャンプーをつける前に髪や頭皮の汚れをシャワーのお湯で

しっかり洗い流します。

お湯が頭皮に届くようにシャワーを頭全体に当てます。

シャワーの水流が頭皮に対して直角になるように当てると、

毛穴の中の汚れも落としやすくなります。

ワックスなどの整髪料で髪がまとまっている場合は、

髪を手でほぐしながら洗い流します。

 

3.シャンプーを使い丁寧に洗う】

シャンプーを手で軽く泡立てて、泡を頭全体につけ、

髪でしっかりと泡立てます。

襟足⇒もみあげ⇒前頭部(顔周りの生え際)⇒後頭部⇒頭頂部

という順で、しっかりと指の腹を使って洗います。

 

このとき、抜け毛が気になってしっかりと洗うのが怖い方も

いらっしゃるかもしれませんが、育毛環境には清潔な地肌が

大切です。なので、「頭皮をしっかり洗う」ということが

育毛につながるのです。

 

また、皮脂などの汚れが多い場合、シャンプーが泡立ち

にくいです。

そういった際は汗や頭皮の汚れをきれいに落とすために

2度洗いをするようにしましょう。

 

4.シャワーで洗い流す】

流すとき、シャンプーが残らないようにしっかりと

すすぎます。

洗う時と同様に、襟足⇒もみあげ⇒前頭部⇒後頭部⇒頭頂部

という順で、頭皮を優しくマッサージするように小刻みに

指を動かして洗い流します。

 

5.髪と頭皮を乾かす】

髪だけでなく、頭皮がしっかりと乾くように、タオルの上から

頭に指を立てて、地肌を優しく拭きます。

 

 

まとめ

 

最近気になるにおいである「ミドル脂臭」について、

その原因と対策を紹介してきました。

においの発生個所が後頭部や頭頂部なので、自分では

気づきづらいのですが、枕のにおいが気になるようであれば、

今日からでも対策に取り組むと良いでしょう。

大事なのは、においの原因を溜めないことです。

においが溜まらないよう、シャンプーなどで余分な皮脂を

すっきりと落とすようにしましょう。