日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

車のタイヤの空気圧はガソリンスタンドで!測り方とチェック方法!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190817093628j:plain

自家用車のタイヤの空気圧、定期的にチェックしていますか?ついつい忘れがちではありませんか?

タイヤの空気は自然と抜けていってしまいます。風船の空気が抜けてしぼん

でいくのと同じです。その量は1ヶ月に約5%、月に1度は空気圧のチェックをし、必要に応じて空気を入れてください。

 

タイヤの空気はガソリンスタンドで入れてもらえます!カーディーラー・自動車修理工場・カー用品店などでも入れてもらえますが、ガソリンスタンドには定期的に燃料を入れに行きますよね!そのついでにタイヤの空気圧を測り、少なかったら空気を入れるのがおすすめです。基本的に無料ですが、まれに有料のところもあります。できれば無料がいいですよね…前もって料金の確認をしてからの方が安心ですね!

 

 

 

タイヤの空気圧のチェックをしていこう!

 

 ガソリンスタンドで空気圧をチェックしてもらう時は、「空気圧を見てもらえますか?」と、店員さんに声をかけてみましょう。「タイヤの空気圧はどのくらいですか?」と確認されると思います。

車によってタイヤの空気圧がそれぞれ違います。運転席のドアを開けたとき、ボディの開口部分に、タイヤの適正空気圧のシールが貼ってあります。

kPaとは、キロパスカルという単位のことです。230kPaと書かれていたら、これが適正空気圧になります。この数値を店員さんに伝えてくださいね。

 

 適正空気圧は、タイヤが冷えた状態の時が基本になっています。ある程度の距離を走行した後や、夏場でアスファルトが熱い状態の時など、タイヤ内部の空気が膨張しているので、正確な数値が測れません。本来より高めの数値が出てしまいます。朝や夜の冷えている時間帯に測ることをおすすめします。

 

タイヤの空気圧の測り方は簡単!

 

 セルフのガソリンスタンドでは、自分で空気圧を測り、空気を入れなければならないお店もあります。そんな時のために、使い方を覚えておけば便利ですね。

 

 タイヤの空気圧はエアゲージという機械で測定できます。タイヤのエアバルブのキャップを外し、エアゲージの先端を押し当てると、現在の空気圧が表示されます。

 

 空気充填機には、持ち運び型と、据え置き型の2種類があります。それぞれ使い方が違います。

 

~空気の入れ方(持ち運び型)~

タイヤのバルブのキャップを外します。(小さいので落とさないように)

ホースの先端をバルブに差し込みます。

現在の空気圧が表示されます。

空気圧が低い時は、+(プラス)ボタンを押して空気を入れ、逆に空気圧が高い時は、-(マイナス)ボタンを押して空気を抜きます。

バルブのキャップを閉めます。

次のタイヤへ。

4本入れ終わったら、空気充填機を元の場所に戻しましょう。

 

~空気の入れ方(据え置き型)~

車をホースが届く範囲へ移動させます。

メーターのダイヤルを回して、入れたい空気圧の数字へ針を合わせます。

 (ダイヤルではなくデジタルの場合もありますが、使い方は同じです)

タイヤのバルブのキャップを外します。(小さいので落とさないように)

ホースの先端をバルブに押し当てます。

自動的に空気が入ります。入っている間は音が鳴っています。

音が鳴りやんだら終了です。ホースを抜き、バルブのキャップを閉めます。

 (デジタルの場合は、終了表示が出ます)

次のタイヤへ。

4本入れ終わったら、ホースを元に戻し、メーターの数字を0に戻しておきます。(デジタルの場合は、時間が経つと自動で数字がリセットされます)

据え置き型では、現在の空気圧は表示されません!

 

上記以外にも、違うタイプのものが置いてある場合があります。初めてで使

い方が分からない場合は、まず店員さんに聞いてみるのが一番です!

  スポンサードリンク

 

 

タイヤの空気圧が与える影響って?

 

 タイヤを適正な空気圧にしておくことが大切なのですが、それはなぜでしょうか?空気圧が与える影響について調べてみました。

 

~タイヤの空気圧が低い場合~

タイヤがつぶれた状態なので、中央より外側の方がすり減っていき、タイヤの寿命が短くなります。

地面との抵抗が大きくなり、加速が悪く燃費も悪くなります。

ハンドルが左右にとられたり重くなったりし、安定性が悪くなります。

バーストが発生しやすくなります。

 

バーストとは…突然破裂することです。タイヤの表面が波打つようにたわむ、スタンディングウェーブ現象が起こり、熱が発生し、タイヤ内部を損傷させ、バーストします。タイヤの空気圧が低すぎる状態で、高速道路を長時間走行したときに、最もバーストしやすくなります。とっても危険です!!

 

~タイヤの空気圧が高い場合~

衝撃を吸収できず、ポンポンと跳ねる感じで、乗り心地が悪くなります。

地面とタイヤの接地面積が狭くなり、ブレーキが利きにくくなります。

タイヤの真ん中部分が減るので、タイヤの寿命が短くなります。

 

 タイヤの空気は高くても低くてもリスクがあります。適正な空気圧を守ることが安全運転にもつながります。月に一度は点検をし、楽しいカーライフを送ってくださいね!