日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

カレールーでパスタ!アレンジレシピとびっきり美味しく!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190821070033j:plain

カレーは子供にも大人にも大人気のメニューです!作り方も簡単なので、月に何度も作る、人気レシピではありませんか?!カレールーを常備しているお宅も多いと思います。

カレールーは、カレー粉の他にも野菜、果物、スパイスや調味料が入っていて、すでに美味しく調理されている状態です。いろいろなレシピに使える、万能調味料なんですよ!

 

 

 

残ったカレールーでアレンジ料理も!

 

 残ったカレールーを使って、カレーライス以外のアレンジ料理を作ってみませんか?パパっと手軽に作れてとても便利ですよ!

 では簡単に作れるアレンジ料理をいくつか紹介します。

 

~タンドリーチキン(2人分)~

材料

カレールー…2片 ◎鶏肉(好きな部位で)…400g ◎にんにく…1片

プレーンヨーグルト(無糖)…大さじ4

ケチャップ・ソース…少々

 

作り方

鶏肉を適当な大きさにカットします。

カレールーを細かく刻みます。

鶏肉以外の材料をすべて混ぜて、ソースを作ります。

鶏肉をソースに漬け込み、冷蔵庫で1時間以上寝かせます。

フライパンに油を入れて、鶏肉を中火で焦がさないよう、両面焼いたらできあがり!

 

~カレーチャーハン(2人分)~

材料

カレールー…2片 ◎ベーコン…2枚 ◎ミックスベジタブル…大さじ2

玉ねぎ…4分の1 ◎塩コショウ…少々 ◎ご飯…2杯分

 

作り方

カレールーを細かく刻みます。

ベーコン、玉ねぎを細かくカットします。

フライパンに油を入れて、ベーコン、ミックスベジタブル、玉ねぎを炒めて、塩コショウします。

フライパンにご飯を入れて、具材と混ぜ合わせながら炒めます。

ご飯がほぐれてきたら、刻んだカレーを入れます。カレーがご飯に均一に混ざったらできあがり!

 

カレーうどん(2人分)~

材料

カレールー…2片 ◎うどん…2玉 ◎玉ねぎ…2分の1 ◎長ネギ…1本

にんじん…50g ◎豚薄切り肉…100g ◎水…600CC

麺つゆ(3倍濃縮)…50CC ◎片栗粉…適量

 

作り方

うどんを別の鍋で茹でておきます。

玉ねぎ、にんじんは薄切りにします。

長ネギは斜め薄切り、豚肉は食べやすい大きさに切ります。

鍋に水と麺つゆを入れて煮立たせます。

玉ねぎ、にんじん、長ネギ、豚肉を入れて、柔らかくなるまで煮込みます。

一旦火を止めて、カレールーを溶かします。

再び火にかけ、同量の水で溶いた水溶き片栗粉を入れて、よく混ぜます。

茹でたうどんにつゆをかけたらできあがり!

 

実はカレーパスタも人気のカレールーレシピ!

 

 ちょっと珍しいカレーパスタ!実はカレーパスタも、カレールーを使って作る人気レシピなんですよ。手軽に済ませたい、ひとりランチにもおすすめです!

簡単なので作ってみてくださいね!

 

~カレーパスタ(2人分)~

材料

カレールー…2片 ◎スパゲッティ…200g ◎ウィンナー…2本

ピーマン…1個 ◎玉ねぎ…4分の1 ◎粉チーズ…お好みで

 

作り方

鍋でスパゲッティを茹で始めます。

カレールーを細かく刻みます。

ウィンナーは斜め薄切り、ピーマンと玉ねぎを薄切りにします。

フライパンに油を入れて、具材を炒めます。

しんなりしてきたら、カレールーを加えます。

茹で汁を100ccほど加えて、カレールーを溶かします。

茹で上がったパスタを加えて、具材とよく混ぜ合わせます。

お好みで粉チーズをかけたら、できあがり!

 

スポンサードリンク

 

 

カレーは冷凍保存できる!

 

 多めに作りすぎて残ったカレー、冷凍保存してみませんか。好きな時にカレーが食べられてとても便利です。

 

~冷凍保存の方法~

鍋ごと氷水をはった桶に入れて、早めに粗熱を取ります。

ジップロックに1食分ずつ平らに小分けして、空気を抜きチャックを閉めます。

じゃがいも、にんじんは冷凍すると食感が悪くなってしまいます。潰すか取り除いてください。

解凍する場合は、ジップロックごと湯煎するか、前日に冷蔵庫で解凍しておき、電子レンジで加熱してください。1ヶ月を目安に食べきります。

 

インドと日本のカレーは別物?!

 

 こんな話を聞いたことはありませんか?

インド人が日本でカレーライスを食べて「とても美味しいですね、これは何という料理ですか?」と言いました。これが本当の話なのかは分かりませんが、インドと日本のカレーは、そのくらいに違うそうです!

 インドカレーは、ルーがサラサラとしています。小麦粉を使いません。具材や何種類ものスパイスを使い分け、カレーの種類も豊富です。

カレーをご飯やナン(チャパティ)につけて食べます。

チャパティとは、薄いクレープのようなパンの一種です。ナンはタンドール窯がないと焼けませんが、チャパティはフライパンで手軽に焼けるので、インドではこちらの方がよく食べられるそうです。

 

 一方日本のカレーは、小麦粉でルーにとろみをつけています。市販のカレールーを使用し、具材に肉、じゃがいも、にんじん、玉ねぎを使うのが一般的です。アツアツのご飯にカレーをかけて食べます。とろみがあるのでご飯によく絡みます。

 

 カレーを食べる国はたくさんあります。それぞれの国でカレーは美味しく進化していきました。カレーの食べくらべをしてみるのも楽しいですね!