日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

スニーカーの黄ばみの原因はアルカリ性物質のせい!おすすめの洗剤とコインランドリー!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190906075843j:plain

お気に入りのスニーカーがなんとなく黄ばんだような汚れが
ついてしまった場合、どうやって洗えば落とせるのか、
初めて洗う際にどうしたら良いか分からないかもしれません。

あるいは、ちゃんと洗ったはずなのに、黄ばんでしまった、
といったこともあるかもしれませんね。

まず、なぜ黄ばみがついていまうのか、ということなのですが、
原因の一つはアルカリ性物質の影響が考えられます。
アルカリ性の濡れた汚れがついてしまったり、洗う時の洗剤が
しっかりと落とせていないと、乾く時に紫外線と反応して
黄色くなってしまいます。

このように、スニーカーが黄ばんでしまった場合の洗い方について、
紹介していきます。

 

 


おすすめのスニーカーの洗剤はコレ!

黄ばみの原因の一つはアルカリ性物質であると先ほど書きましたが、
一般的に石鹸はアルカリ性です。
そのため、黄ばまない様にスニーカーを洗うのであれば、別の
洗剤を使う方が良いということになります。

一般的な食器洗い洗剤の多くは中性洗剤ですので、中性の
食器洗い洗剤を使えば、黄ばみの原因になることなく、
スニーカーを洗うことができます。

また、アルカリ性の洗剤を使った場合でも、酸性である酢や
クエン酸を使うことで中和させ、黄ばみの原因を無くす方法
もあります。
すでにアルカリ性洗剤で洗った後に黄ばんでしまった場合でも
有効ですよ。
手順の詳細はこれから紹介しますね。

【中性洗剤を使ってスニーカーを洗う場合の手順】


●準備するもの
・靴が入るサイズの洗濯おけ(洗面台でもOK)
・中性洗剤(食器洗い洗剤など)
・メラミンスポンジ
・洗濯用ブラシ(使用済み歯ブラシでもOK)
・ぬるま湯
・タオル

●洗う手順
1.洗濯おけにぬるま湯と洗剤を入れ、スニーカーを
1時間ほどつけおきします。

2.洗剤を少し足して、洗濯用ブラシなどでこすり洗いします。

3.ゴムの部分の汚れは、メラミンスポンジで
軽くこすると、きれいに汚れがとれます。

4.ブラシで擦りながら、しっかりと洗剤をすすぎ流します。

5.水分を取るため、乾いたタオルで拭きます。

6.陰干しします。


アルカリ性洗剤などを使ってスニーカーを洗う場合の手順】


●準備するもの
・靴が入るサイズの洗濯おけ(洗面台でもOK)
アルカリ性洗剤
(洗濯用洗剤など。汚れが強い場合は重曹も使うと良い。)
・酢 または クエン酸
・メラミンスポンジ
・洗濯用ブラシ(使用済み歯ブラシでもOK)
・ぬるま湯
・タオル

●洗う手順
1.洗濯おけにぬるま湯と洗剤を入れ、スニーカーを
1時間ほどつけおきします。

2.洗剤を少し足して、洗濯用ブラシなどでこすり洗いします。

3.汚れが強い場所は、少し固めに溶いた重曹をブラシにつけて
こすり洗いします。

4.ゴムの部分の汚れは、メラミンスポンジで
軽くこすると、きれいに汚れがとれます。

5.ブラシで擦りながら、しっかりと洗剤をすすぎ流します。

6.コップ1杯程度の酢とぬるま湯を洗濯おけに入れ、
スニーカーを2~3時間つけおきします。
クエン酸であれば、水の量にもよりますが、
小さじ2杯程度でOKです。

7.しっかりとスニーカーをすすぎ流します

8.水分を取るため、乾いたタオルで拭きます。

9.陰干しします。


中性洗剤で洗っても、黄ばみが十分とれていないように
感じる場合は、酢やクエン酸を使って2~3時間つけおき
してから干すようにすると、スニーカーの黄ばみは
消えていきますので、試してみてください。

スポンサードリンク

 

 


時間がない人におすすめなスニーカーをコインランドリーで洗う!

 

スニーカーを洗う際に、「つけおき」という手順を踏むように
説明してきました。
つけおきすることで、後のブラシ洗いがとても楽になるのですが、
時間がある程度かかってしまうことは事実です。
それに、家でスニーカーを洗った場合は、陰干しするので、
乾燥に時間がかかり、翌日使いたくてもまだ乾いていない
といったこともあるかと思います。
そういった問題のため、スニーカーを洗うための時間を
十分にとれないこともあるかと思います。
そこで便利に使えるのが、靴専用洗濯機「スニーカーランドリー」
をおいているコインランドリーです。

この靴専用の洗濯機には、洗濯機の内側にブラシが付いていて、
スニーカーの外側の汚れを、ブラシでしっかり落とすことが
できます。
ブラシが付いていることで、スニーカーが洗濯機の中で
暴れることもなく、スニーカーに負担をかけることなく
洗うことができます。
洗剤も靴専用のものが使用され、汚れがきれいに落とせます。

また、靴専用の乾燥機が付属していて、洗い終わった
スニーカーをすぐに乾燥させることができます。
家で洗った場合の陰干しでは、洗ったあとにすぐに
スニーカーを履くといったことは難しいですが、乾燥機で
乾燥させた場合は、終わったらすぐに履くことができます。

時短にももってこいの「スニーカーランドリー」ですが、
この洗濯機にスニーカーを洗うのを任せてしまえば、
自分でブラシをつかってごしごしと洗わなくて良いので、
労力がまったく違います。お手軽です。

ご近所のコインランドリーに設置してあるのであれば、
ぜひ積極的に利用してみると良いでしょう。

まとめ

今回はスニーカーの黄ばみ汚れについて紹介してきましたが、
参考になりましたでしょうか。
今後のスニーカー洗いの際には、中性洗剤を使ったり、
また黄ばみが気になる状態であれば、意識的に酢や
クエン酸で中和を行って、黄ばまないようにしてみてください。
お気に入りのスニーカーを長く使ってくださいね。