日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

ハロウィン衣装なら魔女を手作りやレンタルがおすすめ!

スポンサードリンク

 

f:id:mariparon2:20190903112814j:plain

 毎年10月31日はハロウィンです!この頃になると、仮装グッズがたくさん販売されていますね。最近ではあちらこちらでハロウィンイベントをやっていますので、仮装をして出かける人も多いのではないでしょうか?!

 

もともとハロウィンは、古代ヨーロッパのケルト人のお祭りが起源になっています。ケルト人の新年は11月1日、大みそかが10月31日でした。この大みそかの夜に、先祖が家族に会いに戻ってくると信じられていました。

ただ同時に悪霊や魔女らもやってきて、農作物を荒らしたり、人間に悪さをしたりするとも信じられていました。そこでケルト人は、仮装をしたり仮面をつけたりすることで、悪霊らをビックリさせて追い払うことを思いつきました。

悪霊が家の中に入ってこられないように、家の外には作物をお供えして厄払いをし、魔よけのたき火をしました。これが現在のハロウィンの由来になっています。

 

 ハロウィンの衣装ならやっぱり魔女で決まり!

 ハロウィンの仮装といえば、ゴーストや魔女が思い浮かびませんか?!これにはちゃんとした理由があるんですよ!ケルト族は、先祖と一緒にやってくる悪霊や魔女の仮装をして、彼らと同化することで、人間であることをばれないようにして身を守ったのです。今では宗教的な意味合いはなくなって、仮装をして楽しむイベントとして定着しています。

という訳で、仮装をするならやっぱり魔女で決まりですよね!!

 

ハロウィンの衣装を手作りするなら簡単なコレがおすすめ!

 

 ハロウィンの衣装ってけっこうお高いですよね。今年は手作りしてみませんか?といっても、手の込んだ衣装は大変!!簡単にできるものを紹介したいと思います。

 

ハロウィン定番の魔女!!魔女と言えば、ジブリの『魔女の宅急便』、女の子のキキが思い浮かびますが、皆さんはいかがでしょうか?!

 キキは黒のシンプルなワンピースを着ていますよね。黒系のシンプルなワンピースは、市販の物を用意してください。シンプルなワンピースなら普段も着ることができ、使い勝手もよいので無駄にはなりません。

キキは頭に赤い大きなリボンをつけています。これを手作りしてみましょう。黒いカチューシャと、赤いフェルトとボンドがあれば作れます。100円ショップで購入できますよ。

リボンは大きめがかわいくておすすめです♪リボンの形を作ったら、リボンの真ん中の結び目をカチューシャに巻き付けて、ボンドでとめてください。

ほうきは小ぶりものがセリア(100円ショップ)に売っているとの情報が!キキが使っているものでは大きすぎて、持って歩くのが大変ですから。

 

実はレンタルも可能?!ハロウィン衣装をレンタルで手軽に楽しもう!

 

 年に1度のハロウィン。衣装は年に1度しか着ないので、収納場所に困りますよね。そんな方にはレンタルがおすすめです!

 レンタルネットショップで探してみましょう。家にいながら、いろいろな衣装が借りられます。まだ決まってない人も、きっとお気に入りの衣装が見つかると思いますよ。探すのも楽しいです♪

 レンタル代、送料、レンタル期間など、それぞれのショップによって変わりますので、条件も確認しながら検索してくださいね!

 スポンサードリンク

 

 

知ってると面白い!ハロウィンの豆知識。

 

トリックオアトリートの意味!

 

ハロウィンには、仮装をした子供たちが「トリック・オア・トリート」と言って、近所にお菓子をもらいに歩き回ります。直訳すると「いたずら?それとももてなす?」となり、つまり「もてなしてくれないと(お菓子をくれないと)いたずらしちゃうぞ」という脅し文句になる訳です。

もし子供たちが「トリック・オア・トリート」と言って家にやってきたら、大人は「ハッピー・ハロウィン!」と返して、子供たちが持っている袋やカゴにお菓子を入れてあげてくださいね!

 

「ジャック・オー・ランタン」ってどんな意味があるの?

 

 「ジャック・オー・ランタン

とは、オレンジ色の大きなかぼちゃに、目と鼻と口をくり抜き、ろうそくを入れたお馴染みのランタンのことです。

 昔はかぶをくり抜いて作っていました。ハロウィンはアイルランドが発祥地ですが、アイルランド人がアメリカへ移住した際、かぶがあまり作られていなかったので、手に入りやすいかぼちゃを代用したそうです。

 

 そもそも「ジャック・オー・ランタン

とは、「ジャック(という男)のランタン」という意味なのですが…アイルランドの伝説が由来になっています。

 

 昔ジャックという、大酒のみの大ウソつきで、悪さばかりしている男がいました。ハロウィンの日にも酒を飲みすぎ、お金が足りなくなった頃、悪魔と出会いました。ジャックは「魂をあげるから、酒代を払ってほしい」と頼み、悪魔をコインに化かさせました。そしてコインを十字架でおさえつけ、元の姿に戻れなくさせたので困った悪魔は、「10年間は魂を取りに来ない

と約束をしました。

 10年後現れた悪魔に、ジャックは「最期にあの木の上のリンゴが食べたいから、採ってきてほしい」とお願いをします。悪魔が木に登っている間に、持っていたナイフで木の幹に十字架を刻み、降りられなくさせてしまいました。困った悪魔は「二度と魂を取らない」とジャックに約束したのでした。

 やがて寿命で亡くなったジャックでしたが、天国へは行けず、地獄であの悪魔と出会います。でも魂を取らないと約束しているので、地獄へも行けませんでした…困ったジャックは悪魔に「どこへ行けばいい?」と尋ねると、「元の場所へ帰るしかない」と言われました。元来た道は暗闇が広がるばかり。悪魔に「灯りが欲しい」とお願いし、炎の塊をもらいました。道端に転がっていたかぶをくり抜きランタンの代わりにし、ジャックは今もさまよい続けています…

 

まとめ

 

 ハロウィンって知れば知るほど奥深いと思いませんか!今年のハロウィン、ぜひ仮装をして楽しんでくださいね!

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com