日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

十五夜とはいつのことをいうの?お供えに用意したいもの!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190830212724j:plain



秋になると、「十五夜」「中秋の名月」という風習がありますね!これにはどんな意味があるのでしょうか?

 旧暦では、1月から3月が春、4月から6月が夏、7月から9月が秋、10月から12月が冬でした。8月は秋の真ん中に当たるので、「中秋」と呼びます。
また、旧暦では毎月15日がほぼ満月となることから、「中秋の名月」は、旧暦の8月15日の夜に出る満月のことを指します。「十五夜」は毎月ありますが、一般的に「中秋の名月」のことを指します。


十五夜」は、1年の中で空が最も澄み渡り、月がとてもきれいに見える日。お月見に最も向いている日といわれています。

 

 

 

 

十五夜はいつやるの?正しい日にちとは?

 旧暦では8月15日が「十五夜
でしたが、現在の新暦ではいつになるのでしょうか?旧暦では月の満ち欠けを基準にしていましたが、新暦では太陽の動きを基準にしています。そのため旧暦と新暦では1か月程のズレが生まれ、新暦では「十五夜」の日付が毎年違ってきます。9月7日から10月8日の間に、旧暦の8月15日が訪れます。

十五夜」(旧暦の8月15日)は、2019年は9月13日(満月は9月14日)、2020年は10月1日(満月は10月2日)、2021年は9月21日(満月は9月21日)。
十五夜」は、満月になる日と少しズレていることが多いです。

十五夜のお供えには何を用意する?

f:id:mariparon2:20190830212626j:plain



 「十五夜」には何をお供えしたらよいのでしょうか?すすきと月見団子を思い浮かべる人が多いかもしれませんね。

 

◎月見団子を置く台を三方と呼びます。

 

この上に月見団子を15個、ピラミッド型に並べます。団子は月を表しています。農作物の豊作を願い感謝した後に団子を食べると、幸せや健康になれると考えられています。


◎本来は月の神様を招くといわれる稲穂を飾るのですが、まだ収穫前のため、見た目が似ているすすきを、稲穂に見立てて飾ります。すすきは、魔よけの効果があるとも考えられています。


◎お神酒(おみき)は神様にお供えするお酒です。


◎旬の野菜や芋をお供えして、収穫に感謝します。

 

 月が見える縁側やベランダ、窓辺に月見台を置き、お供え物を飾り、お月見を楽しみましょう!

 

スポンサードリンク

 

 

十三夜についても知りたい!

 「十三夜」とは、旧暦の9月13日の夜を指します。「十五夜」の後なので、「後の月(のちのつき)」ともいいます。この日は満月ではない、少し欠けた月を楽しむ日です。
 「十五夜」と「十三夜」、2つの名月を片方しか見ないのは「片見月」といい、縁起が良くないといわれています。

 「十三夜」も、新暦では毎年日付が違ってきます。2019年は10月11日、2020年は10月29日、2021年は10月18日です。
今年は「十五夜」と「十三夜」に、月を見比べて楽しんでみませんか。

月にはうさぎが住んでいるの?!

f:id:mariparon2:20190830212559j:plain

 月にはうさぎが住んでいるという伝説を、聞いたことはありませんか?月の模様に、うさぎの姿を探したことがある方も多いと思います。これにはインドのジャータカ神話が関係しています。こんなお話です。

 昔々、うさぎときつねとさるが仲良く暮らしていました。3匹はいつも話していました。「なぜ自分たちは獣なんだろう?」「前世で何か悪いことをしたのだろうか?」「もしそうなら人の役に立つことがしたい!」と。
 この話を聞いていた仏教の神様、帝釈天が、3匹に機会を与えてあげようと考え、お腹を空かせた老人に変身しました。
 老人は、「お腹が空いて動けない、何か食べ物を与えてほしい」と、3匹に頼みました。3匹は「人の役に立つことができる!」と喜んで、それぞれ食べ物を探しに行きました。
 きつねは川で魚をとってきました。さるは木に登り、木の実をとってきました。でもうさぎだけが、どんなに頑張っても何もとってくることができず、無力をとても悲しみました。
うさぎは、きつねとさるに「火を焚いてほしい」と頼みました。そして「どうぞ私を食べてください」と、自ら火の中に飛び込み、身を捧げました…
 老人は帝釈天の姿に戻り、「お前たちの優しい気持ちがよく分かった。今度生まれ変わる時には、人間にしてあげよう
「うさぎにはかわいそうなことをした、うさぎの行動を後世に伝えるために、月の中にその姿を残そう
と、うさぎを月に昇らせたのでした。
とても優しいうさぎの、悲しい神話ですね。

昔から親しまれている月!

 月見の風習が始まったのは今から1000年も昔、平安時代からです。今よりもずっと夜が暗かっただろうと思います。そんな暗い夜空に、明るく輝く美しい月に、想像力をかきたてられたのではないでしょうか。貴族たちは、月を愛でながら和歌を詠んで、宴を楽しみました。

 月はずっと見ていても飽きないほど、美しい模様をしています。月を見上げる時には、うさぎの神話を思い出しながら、うさぎの姿を探してみませんか。