日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

石垣島の名所をレンタカーで巡る!おすすめの夕日の時間!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190822204946j:plain


石垣島は、市街地を離れるとすぐに魅力的な大自然

触れることができるので、ドライブするだけでも

とっても気持ちいいのですが、初めて石垣島に旅行に行くなら、

観光の名所は積極的に周っていきたいですよね。

 

石垣島にはどんな名所があるのでしょうか?

いくつか紹介したいと思います。

 

 

 

石垣島の名所を巡る旅!おすすめのスポットを紹介!

 

【川平湾(かびらわん)】

見どころは沢山ありますが、特におすすめの観光地として、

「川平湾」があります。

日本百景にも選ばれている「川平湾」は、石垣島でも

一番の景勝地といわれています。

青から緑に美しいグラデーションが見られる海は、

船底がガラス張りの「グラスボート」に乗って、

南国のサンゴ礁やカラフルな魚を観察することが

できます。

残念ながら湾内は、潮の流れが強く危険なため、

遊泳は禁止にされています。

 

 

米原(よねはら)ビーチ】

南国の海に来たなら、シュノーケリングもしたいですよね。

そんな方におすすめは、「米原ビーチ」です。

浜からサンゴ礁まで数メートルの距離に迫っていて、

シュノーケリングで南国の魚たちを楽しむことが

できますよ。

ただし、沖まで出てしまうと潮の流れが速いので、

ご注意ください。

 

 

竹富島(たけとみじま)】

石垣島近くの離島にも魅力的な場所があります。

石垣港からフェリーでわずか15分のところに、

手付かずの自然が美しい竹富島があります。

隆起環礁の島で、大きなサンゴ礁に囲まれているため、

この島には色とりどりの豊かな海の生き物が集まります。

また、沖縄諸島の伝統的な赤い瓦屋根の民家が立ち並び、

壁や生垣は植物が覆われています。

ほとんどの通りで、カラフルな野生の花が咲いていて、

南国情緒を感じることができます。

また、集落では水牛車がゆったりと進む様子も名物と

なっています。

 

 

石垣島鍾乳洞(いしがきじましょうにゅうどう)】

海以外にも見どころはあります。

石垣島鍾乳洞」なら日本最大級の洞窟で、太古の地球の

歴史を感じることができます。

一般公開されている、660mほどの空間には、シャコガイ

サンゴの化石を見ることができ、海の底に沈んでいた

場所であることを確認することができます。

鍾乳洞はイルミネーションで緑やピンクにライトアップされ、

非常に幻想的な空間になっています。

  

石垣島観光にレンタカーがおすすめ!

 

せっかくの旅行なので、ホテルの食事だけでなく、

現地の食事を色々と楽しみたいといった場合、レンタカーでの

移動だと、散策もできて便利です。

 

また、街から離れたエリアには、さまざまな宿があります。

街の喧騒から離れた静かな場所で、のんびり過ごすのも良いですね。

ただ、そういったちょっと辺鄙な場所にある宿に行くには、

バスがあったとしても本数が少なかったり、バス停が遠かったりと

不便な面があります。

そういった場合も、レンタカーを借りていれば、問題ありませんね。

 

石垣島でレンタカーを選ぶおすすめについて、紹介しますね。

 

【たびらいレンタカー】

安くレンタカーを借りたい場合、「たびらいレンタカー」で

探すのがおすすめです。

免責保障込み、カーナビも標準搭載で格安のレンタカーが

見つかります。

時期や車種にもよりますが、14000円程度から

借りることができますよ。

●オフィシャルサイト

http://www.tabirai.net/

 

 

石垣島パシフィックレンタカー】

空港に到着してすぐに借りて、ホテルなど空港以外の場所で

返したい、といった使い方もあると思います。

そういった使い方を「乗り捨て」という表現を使いますが、

石垣島パシフィックレンタカー」なら、乗り捨て出来る

範囲が他のレンタカーよりも圧倒的に広く、また、

乗り捨ての料金が基本無料です。

●オフィシャルサイト

http://ishigakijima-pacific.com/

 

 

レンタカーを借りて石垣島を旅行する場合、夏休みや

ゴールデンウィーク、年末年始などのハイシーズンでは、

レンタカーの利用も増え、満車で借りられないといったことも

ありますので、旅行の予定を決めて航空チケットが取れたら、

すぐにでもレンタカー予約をおこなって、確保してくださいね。

 

 スポンサードリンク

 

 

観光ついでに石垣島の最高の夕日も見て!時間は大体このくらい!

 

1日の終わりに、絶景のサンセットをゆっくり眺めるのも、

旅の醍醐味になるかと思います。

広い綺麗な海に沈みゆく夕日は、最高に写真映えもします。

 

6月の夏至のころと12月の冬至のころでは日没の時間が

1時間半ほど違いますので、時期によってサンセットを

楽しむ時間帯が変わります。

 

12月ごろならば、日没が18時ごろになるので、17時半ごろから

18時半ごろまで眺めることができます。

 

6月ごろは日が一番長い時期で、日没が19時半ごろになります。

19時ごろから20時ごろまで、夕暮れを楽しむことができます。

 

旅行の時期によって、夕暮れを楽しめる時間帯が変わりますので、

事前に「日没時刻」を調べた上で、30分ほど前から待機すると

良いと思います。

 

夕暮れの名所としては、「フサキビーチ」のサンセットが

とても綺麗でおすすめです。

「フサキリゾートヴィレッジ」の中にあるビーチですが、

宿泊客でなくても、無料で利用できます。

暮れゆく夕日をバックにまっすぐ伸びた桟橋のシルエットが

絵画のように美しく、うっとりと陶酔した時間を過ごすことが

できるでしょう。

 

 

まとめ

           

石垣島の観光名所について紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか。

ぜひ、美しい風景に触れ、南国を満喫してきてくださいね。

 

石垣島シリーズの記事!

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com