日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

車中泊を夏にするなら絶対に揃えておきたい快適グッズ!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190827100542j:plain



サブバッテリーとエアコンが完備のキャンピングカーの場合は、

エンジンを止めていても朝までエアコンをつけて、快適に

車内で眠ることもできますが、そういった車でない場合が

ほとんどだと思います。

 

「夏休みは車中泊で旅行を楽しみたい!」と思う方も多いかと

思いますが、夏の車中泊は暑さの対策が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

車中泊で夏に気を付けたいこと!

f:id:mariparon2:20190827100353j:plain

暑いからと、エアコンをつけておくために、

車のエンジンをかけっぱなしにするのは、安全面とマナーの

問題からおすすめできません。

 

安全面の問題としては、排気ガスが車内に溜まって

一酸化炭素中毒をおこす危険性が一つと、誤ってアクセルなどに

触れてしまって思わぬ事故につながる危険性がもう一つです。

 

次にマナーの問題として、キャンプ場などのパーキングエリアで

エンジンをかけっぱなしにすると、騒音や排気ガスで近隣の

方の迷惑につながります。

 

このため、多くの駐車場で、アイドリング(エンジンを

かけっぱなしにすること)を禁止しています。

 

 

 

ただ、エンジンを止めた状態では、エアコンは十分に使えません。

バッテリーの電力を消費するため、翌日にバッテリーが切れて

しまって、エンジンがかからないなどの問題になることも

あります。

そういった問題もありますので、エンジンを止めた状態で

エアコンを利用することはおすすめしません。

 

このように、エアコンが使えない状態で、どのようにしていくか、

今回は夏の車中泊での暑さ対策について、紹介していきます。

 

 

車中泊で必要なグッズ!暑さ対策にはコレ!

 

夏の車中泊は暑さ対策が必要です。

暑さ対策に使えるグッズの、「網戸」「扇風機」「冷感マット」

について、ご紹介します。

 

【網戸】

夜の外の涼しい外気を入れて眠りたいですが、窓を少しでも

開けると、蚊などの虫が入ってきて、落ち着いて眠ることが

難しくなります。

 

蚊の「ブーン」という羽音は耳障りですし、刺されるのも

不快ですが、蛾や他の大きな虫が入ってくると、車内は

パニックになると思います。

 

ですので、虫が入ってこないよう、「網戸」を取り付けましょう。

さまざまなメーカーから車専用の網戸が出ていますので、

ご自身の乗る車に合わせて、用意してください。

 

最近は、窓に被せるタイプの網戸があり、さまざまな車種に

対応しています。

この網戸は、車のドアを開け、ネットを窓枠全体に被せて

利用します。固定用のマジックテープのある商品もあります。

取り付けが簡単で、おすすめです。

日中の日よけにも有効ですよ。

念のため、虫よけスプレーもあわせて用意しましょう。

 

 

【扇風機】

扇風機で風をつくって空気の循環をよくすると、涼しく

感じて、眠りやすくなります。

 

車内泊の場合は、限られたスペースで荷物や寝るスペースを

つくる必要がありますので、なるべくコンパクトな扇風機を

選びたいです。

 

ただ、コンパクトとはいえ、ある程度の風量がないと、

涼しさを感じることができないので、コンパクトながらに

風量のあるタイプを選ぶと良いでしょう。

 

電池式や充電式の扇風機もありますが、最近はUSB電源が

使用できるタイプのコンパクトな扇風機が多くあります。

USB電源が使用できるものであれば、モバイルバッテリーと

組み合わせて、長時間利用ができるので、おすすめです。

 

 

【冷感マット】

車中泊専用のマットではないのですが、自宅のベッドや布団に

使うような「ひんやり加工を施した生地のマット」を使うことで、

暑い車内での寝苦しさを軽減させます。

 

ひんやり加工を施した生地は、熱伝導率の大きい素材が

使われており、触れると体の熱が生地に奪われるので、

”ひんやり”と涼しく感じることができます。

 

ちなみに、冷感マットには「ジェルタイプ」もありますが、

最初の手触りはひんやりしても、ジェルなので吸収した熱が

放出されず、車内で使うとかえって寝苦しくなるので

おすすめできません。

冷感マットを使う場合は、生地にひんやり加工を施したタイプを

使うようにしてください。

 

 スポンサードリンク

 

 

ちょっとした工夫で車中泊を快適に!

 

夏の暑い時期に車中泊をする場合、なるべく涼しい場所を

確保することが大事になってきます。

また、標高の高い高地や山などの比較的涼しい場所でも、

日陰になる場所に車を停めるようにしましょう。

夜間は日が落ちていて涼しくても、朝日と共に車内が暑く

なってきます。

 

次に、車内を濡らさないよう、雨に注意しましょう。

山は天気の変動が激しく、特に夏は急な雨が降ることが

多いです。

車内泊をしようと、レイアウトを変更するタイミングで、

        雨が降ってしまうと、あっという間に車内が濡れてしまいます。

衣類や寝具が濡れてしまうと、とても寝苦しくなります。

レイアウトを変更するタイミングでは、一旦屋根のある場所で

行なえると良いでしょう。

また、夜間にトイレに行きたくなったタイミングで雨が降る

場合もありますので、大きな傘も用意した方が良いでしょう。

 

そして、夏の時期に限らず、ある程度人の居る場所で

車中泊をする場合など、照明や人の目が気になって

寝づらいという状況があります。

特に、道の駅やサービスエリア、パーキングエリアなどで

車中泊の場合は、夜も照明がしっかりとついています。

照明がついていることで、夜間のトイレや自販機での買い物も

安心して行くことができるのですが、寝るにはこの明るさが

気になると思います。

それに、人の気配があったり寝ている姿を人に見られたり

という状況にも、抵抗があるかと思います。

そういった問題は、「サンシェード」や「カーテン」を

用意することで、解消します。

吸盤タイプやサンバイザーで挟むだけの簡単に取り付けられる

サンシェードもたくさんありますので、ご自身の車にあわせて

使いやすいものを用意してください。

 

 

まとめ

 

夏の暑い時期の車中泊について、用意するグッズを

まとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひ参考にしていただいて、楽しい旅にしてくださいね。