日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

タイヤの空気圧が低いと乗り心地が違う!適正な数値が高めの場合はどうする?

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190817093218j:plain


 

 

日頃の運転で、タイヤの空気圧は気にしていますか?

 

どんな車でも、車体を支えているのはタイヤです。

タイヤと地面の接地面積はそれぞれのタイヤあたり

はがき約1枚分と小さく、そのための空気圧を

適正に保つことは大切になります。

 

 

 タイヤの空気圧が違うと乗り心地も変わる!?

しかしながら、日本自動車タイヤ協会の調べによると、

4割の車が空気圧不足のまま走行しているそうです。

タイヤの空気は、何もしなくても自然に抜けていき、

1か月で510%ほど減少していきます。

 

タイヤの空気圧が低い状態で車を運転すると、

タイヤの接地面が増え、抵抗が大きくなり、

エネルギーが多く必要になるため燃費が悪くなります。

 

さらに、車全体を適切に支え切れず、ハンドルを

切り出した時の反応が鈍くなってしっかり曲がる

感覚から外れてしまうなど、影響が出てきます。

とくにでこぼこの激しい路面では、乗り心地が

極端に変わってしまいます。

 

また、乗り心地だけでなく、バースト(破裂)の

危険性も高まり、事故につながる恐れがあります。

 

このように、タイヤの空気圧の低い状態での

運転は、デメリットがあります。

 

それでは、タイヤの適切な空気圧について、

どのように確認するのか、どの程度の頻度で

おこなうのかなど含め、紹介していきます。

 

タイヤの空気圧の適正値は扉のシールでわかる!

 

タイヤの空気圧のチェックは、代表的なところでは、

ガソリンスタンドやカー用品店などでおこなえます。

セルフサービスのガソリンスタンドでも、タイヤの

空気入れが置かれているところが多いです。

わざわざ整備工場にお願いしなくても、ガソリンの

補填のついでに小まめにタイヤの空気圧チェックを

おこなうことができます。

また、頻繁に車に乗らないのでガソリンの補填の

頻度があまりない場合でも、自然と空気が抜けて

いきますので、月に1度程度はチェックすると良いです。

 

セルフサービスのガソリンスタンドでタイヤの空気圧を

チェックする場合、空気圧の適正量が分からないという

問題のため、自分で点検をおこなうことを避けている人も

いるかもしれません。

 

タイヤの空気圧の適正量を知る方法は案外簡単です。

 

タイヤの空気圧の適正量は、国産車の場合は、運転席の

ドアを開けたところに、シールなどで書かれています。

外車は違う場所に書かれている場合がありますので、

ディーラーで確認してください。

 

前輪と後輪で適正な空気圧が違う場合がありますので、

注意が必要です。

また、車種によって適正な空気圧は異なりますので、

必ずご自身の車について確認するようにしてください。

車を買った際についてくる取扱説明書などにも適正空気圧の

数値が書いていますので、読んでおきましょう。

 

 スポンサードリンク

 

 

タイヤの空気圧が高めの場合はどうなる?

 

タイヤの空気は自然と抜けるから、空気圧を

高めに補填するという考えもあると思います。

基本的には、適正値の空気圧にするのが良いのですが、

タイヤの空気圧を高くした場合はどうでしょうか。

 

メリットもありますが、効果を期待しすぎて

空気圧を高くし過ぎると、大きなデメリットもあります。

 

まずメリットですが、若干燃費が良くなります。

走行中のタイヤは、接地面ではたわみ、離れると元に戻る

という状態を繰り返します。

この変形のためにはエネルギーが必要なので、燃費に

つながります。

空気圧が高いことでタイヤの変形が少なくなり、使う

エネルギーも少なく済むというわけです。

ただし、燃費への影響はほんの少しです。

 

空気圧を高くし過ぎた場合のデメリットの一つめは、

路面からの小さな振動が車体に伝わりやすくなり、

ごつごつとした乗り心地になることです。

先ほどあげた、タイヤの変形が少なくなることにより、

タイヤが衝撃を吸収しないために発生します。

 

そして、デメリットの二つ目は、タイヤの寿命が

短くなってしまうことです。

適正な空気圧よりも地面との接地面が小さくなり、

タイヤの真ん中が異常磨耗し、通常より早く使えない状態に

なってしまいます。

 

さらに、デメリットの三つめは、グリップが悪くなります。

タイヤと地面との接地面が少なくなるため、抵抗が少なくなり、

曲がりづらく、止まりづらい状態になります。

これは、とっさのブレーキで車が止まらず、大きな事故に

つながる可能性があります。

 

なお、日本の一般的な乗用車用のタイヤは、空気圧が350kPa以下に

設定されているそうです。

ですので、適正量から10%程度、空気圧が高めになる分には

ほとんど影響はありません。

空気入れで補填する際に、乗り心地に影響のない範囲で、

適正量より少し高めの空気圧にするドライバーも居るようです。

 

 

まとめ

 

今回はタイヤの空気圧について、適正量の確認の仕方と、

適正量より低い場合や高すぎる場合のデメリットについて

紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

メーカーは適正な空気圧を想定してタイヤを設計していますので、

月に1回程度の確認と補填を繰り返して、安全な状態で

車の運転をおこなってくださいね。