日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

タイヤの空気圧は高速に乗る際は要チェック!セルフでやる方法!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190817093628j:plain

帰省や旅行などで高速道路を走る前、タイヤの空気圧の

点検は行っていますか?

 

タイヤの空気圧には適正値があります。

もし、適正値より低い空気圧で高速道路を運転した場合、

タイヤがバースト(破裂)してしまう危険が高まります。

その仕組みについて、説明します。

 

 

 タイヤの空気圧が低いと高速が危険な理由!

 

走行中のタイヤは、接地面ではたわみ、離れると元に戻る

という状態を繰り返します。

 

タイヤのたわみが元に戻るとき、若干の時間的遅れが

生じますが回転速度が遅いときには、一周するまでに

元の状態に戻る余裕があります。

 

しかし、高速道路などで速く走行しているために

タイヤの回転速度が速いと、たわんだ状態から完全に

元に戻らない内に一周するため、地面がタイヤを

押している力とタイヤが元の形に戻ろうとする力の

バランスが崩れて、接地面の後ろに波ができるようになります。

 

これを「スタンディングウェーブ現象

と呼びます。

 

タイヤの空気圧が低かったり、荷物を積みすぎて車両が

重くなったりした場合には、タイヤの接地面が広がり、

たわみが大きくなるので、スタンディングウェーブ現象が

起こりやすくなります。

 

スタンディングウェーブ現象が起こると、タイヤの回転の

抵抗は急激に増加し、タイヤ内部の温度も高まって、

短時間でバーストにつながります。

 

このように、タイヤの空気圧が低い状態で高速道路を走ると、

バーストが起りやすい状態になり、大きな事故を引き起こす

可能性が高まるのです。

 

高速道路での事故を防ぐため、今回はタイヤの空気圧の

チェックについて、紹介していきます。

 

 

高速に乗る前に必ずタイヤの空気圧のチェックはしておこう!

 

タイヤの空気圧のチェックは、代表的なところでは、

ガソリンスタンドやカー用品店などでおこなえます。

セルフサービスのガソリンスタンドでも、タイヤの

空気入れが置かれているところが多いです。

たいていのガソリンスタンドであれば、空気入れは

無料でできます。

 

タイヤの空気圧は目視しただけではどれくらい入っているか

正確に判断できませんので、必ずタイヤ空気圧を計測する

ゲージで確認しましょう。

 

タイヤの空気圧の適正値は、国産車の場合は、運転席の

ドアを開けたところに、シールなどで書かれています。

外車は違う場所に書かれている場合がありますので、

ディーラーで確認してください。

 

前輪と後輪で適正な空気圧が違う場合がありますので、

注意が必要です。

また、車種によって適正な空気圧は異なりますので、

必ずご自身の車について確認するようにしてください。

車を買った際についてくる取扱説明書などにも適正空気圧の

数値が書いていますので、読んでおきましょう。

 

ガソリンスタンドにある空気入れには、「エアタンク型」と

「据え置きプリセット型」の主に2種類のタイプがあります。

エアタンク型の空気入れには空気圧を計測するゲージが

ついていますので、空気圧が適正量かどうか、

簡単に確認することができます。

 

タイヤの空気圧を計る際は、ある程度の時間を

走っていたりすると、タイヤが熱をもち、中の空気が

膨張するため、本来の空気圧より高めに数値が出ます。

また、夏はアスファルトが暑くなっているので、タイヤにも

影響を与えています。

正確な調整をおこないたいので、高速道路を使う前日など

朝方や夜間に10分以内の走行で、さらにタイヤを

ある程度冷ましてから、空気圧のチェックをおこなうのが

良いでしょう。

 

 スポンサードリンク

 

 

タイヤの空気圧はセルフでも確認補填できる!

 

ガソリンスタンドのスタッフに空気圧をチェックして

もらうのも良いですが、セルフサービスのガソリンスタンドでも、

タイヤの空気入れが置かれているところが多いので、

ご自身で空気圧をチェックして補填することが可能です。

 

ガソリンスタンドに主に置かれている、「エアタンク型」と

「据え置きプリセット型」の空気入れについて、その使い方を

軽く紹介します。

 

【エアタンク型】

タンクを持ち運ぶことができるので、車を置く場所は

選びません。

空気圧の調整は自分でしますので、何度も繰り返して

空気を入れたり抜いたりする必要があります。

 

1.タイヤのバルブ(差し込み口)のキャップを外します。

 

2.バルブに空気入れの口金(差し込み口)を差し込みます。

 

3.空気を入れるために+(プラス)ボタンを押します。

 

4.空気圧が高い状態であれば空気を抜くための

-(マイナス)ボタンを押します。

 

5.空気を入れたり抜いたりを繰り返しながら、

適正な空気圧になるように調整します。

 

6.口金を外し、バルブにキャップをはめます。

 

 

【据え置きプリセット型】

据え置きなので、空気入れができる場所に車を

移動させる必要があります。

適正空気圧を設定すると、自動で適正量まで

空気を入れてくれるので、簡単です。

適正空気圧の設定は、デジタル式とダイヤル式があり、

ここではダイヤル式の手順を書きます。

 

1.車を空気入れのホースが届く位置に置きます。

一番遠いタイヤまでしっかり届くようにしましょう。

 

2.空気入れのメーターの針が自分の車の適正空気圧に

なるように、メーターのダイヤルを回します。

 

3.タイヤのバルブのキャップを外します。

 

4.ホースの先についている口金をバルブに繋げます

 

5.空気が注入される音が鳴りやむまで待ちます。

 

6.音が止んだら口金を外し、バルブにキャップを

はめます。

 

 

まとめ

 

今回は、タイヤの空気圧が低い状態で高速道路を走る

 危険性についてと、空気圧のチェックと補填について、

紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

 

高速道路を使う前には、タイヤの空気圧のチェックを

忘れず行うようにして、安全運転でお出かけください。