日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

ゴキブリ対策グッズでマンションから追い払う!業者もおすすめ!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190823202340j:plain

 

ゴキブリといえば、カサカサと物陰を動き、テカテカと

 黒光りする体で、突然こちらに向かって飛んでくる、

そんな恐ろしいヤツらですが、退治するにはどうしたら

良いでしょうか。

 

 

超おすすめのゴキブリ対策グッズで追い払う!

対策でよく使われるのは、「毒エサ」か「燻製剤」、

最近人気なのは「忌避剤」といったところでしょうか。

 

「忌避剤」は、ゴキブリの嫌がる臭いのアロマやハーブなどで、

設置することでゴキブリが避けることを期待します。

しかし、殺す効果はないので、一度室内に侵入されると、

効果は薄いといわれています。

 

「燻製剤」は、殺虫成分の煙を炊くことで、成分の

届いた範囲のゴキブリを駆除します。

一度の施行で、その場にいるゴキブリに対して有効で、

即座に大量に駆除するには効果が高いです。

ただし、煙の届かない場所に逃げられたり、卵に対しては

効果がないので、長期的な効果を望むのは難しいです。

 

「毒エサ」は、一度設置すると、エサを食べたゴキブリを

殺すだけでなく、巣全体のゴキブリに対しても効果が

高いため、最も効果の高い対策といわれています。

また、効果が数か月に渡って続くので、しばらくしてから

ゴキブリが出たとしても、再設置の手間が省けるなどの

利点もあげられます。

 

効果の高いとされる「毒エサ」の中でも、特に優れているのが

「ブラックキャップ」です。

 

「ブラックキャップ」の有効成分”フィプロニル”は、

神経伝達物質の作用を阻害して神経伝達を遮断することで、

高い殺虫効果を持ち、また遅効性のため、食べた個体が

生きたまま巣に帰ることができます。

ゴキブリは、巣に帰った個体の糞や死骸を他の個体が

食べる性質があるので、ブラックキャップを食べた

個体が巣で死んだ後、その効果をもった糞や死骸で

巣全体を死滅させる効果が期待できます。

 

また、この毒は、ゴキブリの中にある卵に対しても

効果がありますので、長期的にゴキブリの発生を抑えることが

できます。

 

ちなみに、有効成分”フィプロニル”タイプの毒エサは、

他のメーカーでも開発されているのですが、現時点では、

「ブラックキャップ」が他のメーカー製品よりも値段を安く

抑えられている、という点でもおすすめです。

 

 

ゴキブリ対策をしてもマンションの場合は難しい!

 

マンションなどの集合住宅では、ゴキブリの侵入を完全に

防ぐことは難しいです。

理由は、マンションにはご自身の住まいである「専有部分」の

他に、「共用部分」という他の住民と共有して使う場所が

存在するからです。

 

マンションの共用部分には、ボイラー、給排水施設、

ガス配管施設など、暖かく、暗く、水分補給が行えるといった

ゴキブリの過ごしやすい箇所が多いのが特長です。

 

そのため、マンションの共用部分がゴキブリの巣に

なりやすいのです。

 

部屋に発生するゴキブリは、基本的にマンションの共用部分から

侵入してきたものになります。

 

ですので、いくら部屋の中でゴキブリ対策をとっていたとしても、

発生源を断つことが難しいのです。

 

部屋にゴキブリを発生させないようにする対策としては、

以下の点になります。

 

1.部屋への侵入対策】

人の出入りのある場所はゴキブリも出入りします。

ゴキブリが入らない様、「忌避剤」や「毒エサ」を置いて、

侵入を防ぎましょう。

ベランダも出入りができる場所になるので、「忌避剤」や

「毒エサ」を設置して対策しましょう。

通風口など外と繋がって穴になっている部分はゴキブリに

とっては侵入経路になりますので、ストッキングや換気扇用の

フィルターなど網目の細かいもので塞いでおくと効果的があります。

 

2.侵入された時の対策】

ゴキブリを見つけた場合、熱湯や洗剤、市販の殺虫剤などで

退治します。

また、仕留められないゴキブリがいることが分かっている場合は、

「毒エサ」「燻製剤」などで退治します。

 

 

業者に頼んでゴキブリを駆除してもらう方法!

 

自分でゴキブリ駆除や対策を行ったけど、効果がイマイチ

感じられない場合、プロの業者にお願いすると良いです。

 

プロのゴキブリ駆除業者はたくさんありますが、全国展開している

ダスキンのゴキブリ駆除サービス』が人気です。

 

ダスキンのゴキブリ駆除サービスでは、初回に、ゴキブリの成虫・

幼虫・死骸・フンなどを、バキュームによる吸引で、除去します。

その後、ゴキブリの隠れる場所や通りそうな場所に

「ベイト剤(ゴキブリが好んで食べるエサ状の駆除剤)」を設置し、

さらにゴキブリの生息状況の確認のための「調査トラップ」も

設置します。

 

そして、トラップによる生息状況確認や目視調査により、

継続的に状況を確認し、必要に応じた的確な処理をおこなって、

ゴキブリの生息しにくい衛生的な環境を維持するよう、利用者に

提案してくれます。

 

また、ゴキブリは、たった1.5mmの隙間からでも侵入することが

可能です。

素人では、全ての侵入経路を塞ぐというのは、困難な作業に

なると思います。

 

プロの駆除業者は、豊富な経験から、どこから侵入してくるかの

傾向と対策を熟知しています。

プロに頼むと、この侵入経路を塞ぐなどの対策を行ってくれます。

 

 

まとめ

 

ゴキブリは普段、人目を避けて暮らしているのですが、

ひとたび出会ってしまうと、向かってくるし、怖いですよね。

今回紹介させていただいた方法で、対策することを

ぜひ検討してみてくださいね。