日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

発酵食品のメリットは腸にいいこと!簡単なレシピも紹介!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190816122450j:plain


 

 

近年の研究の結果から、発酵食品が健康・美容の面で

メリットが多い!ということで、みそや納豆、醤油などの

古くから食べられている発酵食品も含めて見直されています。

 

では、なぜ発酵食品が”健康にいい”のでしょうか?

発酵の仕組みと、家で作れる発酵食品の簡単レシピについて、

今回は紹介していきます。

 

 

 発酵食品のメリット腸から健康になれる 

発酵食品とは、乳酸菌や麹菌などの微生物によって食品の持つ

たんぱく質や糖などが分解されて、別の食品に変化した物を

いいます。

発酵は、微生物から見ると、食品が腐敗することと

カニズムは同じですが、「発酵」と「腐敗」の違いは、

人間にとって食べられる物か否かといった違いになります。

 

発酵食品には、生きていくのに必要な酵素をたくさん摂取

できることの他に、発酵の過程で食品の保存性が高まったり

旨味が増したりと良いことづくしです。

 

最近の研究によって、発酵食品の健康効果について、

どんどん明らかになってきています。

 

発酵食品が体にもたらす良い働きとして、大きく2点あげられます。

 

1つ目は、「体内の酵素の無駄遣いを防止する」ことです。

発酵食品は、微生物により食材がある程度消化された状態に

なっています。

体に入る時点ですでに消化の下準備が行われているため、

消化に必要なエネルギーや消化酵素が少なくて済み、

胃腸にかかる負担が低いのです。

 

2つ目が、「腸内環境を整え、免疫力を高める」ことです。

最近では、「腸は第二の脳」といった表現もされるようになって

注目を浴びている腸内環境ですが、発酵食品は腸内環境を

整えてくれます。

 

腸内には、乳酸菌、ビフィズズ菌など何千何百種類もの

微生物が存在しており、腸内の消化吸収に大きな役割を

果たしています。

 

発酵食品には、乳酸菌、納豆菌など私たちの体を改善する

善玉菌が多く含まれています。

 

また、体外から入ってくる病原体などと戦う免疫細胞も

腸内には多数存在しており、発酵食品に含まれる善玉菌は

この免疫細胞を活性化することが分かっています。

 

 

このように、発酵食品は食べて美味しく、胃腸に負担が少なく、

腸内環境を整え、健康に良い食品としてうってつけなのです。

 

 スポンサードリンク

 

 

発酵食品は自宅で作れる簡単レシピを紹介!

 

発酵食品はいろいろな種類がありますが、簡単に作れて

とても美味しい塩麹はおススメです。

自宅で簡単に作ることができる自家製塩麹のレシピと、

自家製塩麹を使った毎日のご飯のレシピを紹介します。

 

塩麹

塩麹は、野菜や肉を漬けてもおしいく、炒めものなどの

タレ代わりにもできる万能調味料です。

麹と塩と水があれば、自家製で簡単に作れます。

出来上がったら冷蔵庫で半年ほど日持ちします。

 

●材料

・米麹:100g

・粗塩:35g

・水:100ml程度

 

●作り方

1.口の大きな保存用の容器で作ります。

容器に米麹と粗塩を入れ、塩が全体に行きわたるよう、

まんべんなくかき混ぜます。

※鉄製の容器は錆びるので使わないでください。

※保存容器は透明だと、発酵の様子が確認できて便利です。

 

2.麹がちょうど浸かるくらいまで水を加え、混ぜます。

ふたは空気が入るよう、すこしずらします。

 

3.発酵のため置きます。

常温で、夏は57日間、冬は714日間程度かかります。

その間、1日に1回、清潔なスプーンでかき混ぜてください。

作った翌日は麹が水を吸って水位が下がっていることがあります。

その場合は、浸るように水を追加します。

※夏は冷暗所に置いて下さい。

※あまり気温の低い場所(20度以下)で塩麹を保管しておくと

発酵が遅くなります。

 

4.とろみがついてきたら味見します。

ほんのりと甘い香りがし、まろやかさが感じられたら

出来上がりです。

 

【豆腐の塩麹漬け】

豆腐の水気が少なくなり、チーズのような食感になります。

 

●材料(2人分)

・豆腐:1

塩麹:大さじ2

 

●作り方

1.豆腐を半分に切って、水気をよく切ります。

2.1.の豆腐の周りに塩麹を塗り、ラップでぴったりと包みます。

3.保存容器などに入れ、冷蔵庫で23日置きます。

 

 

【サーモンの塩麹マリネ】

塩麹で漬け置くだけで、簡単に美味しく作れます。

 

●材料(1皿分)

・サーモン(お刺身用):100g

塩麹10g

 

●作り方

1.ポリ袋にサーモンと塩麹を入れて、揉みます。

2.冷蔵庫で3時間ほど漬けます。

 

 

塩麹の鶏そぼろ】

甘辛くてご飯や麺にかけてもおいしい鶏そぼろです。

 

●材料

・鶏ひき肉:200g

塩麹:大さじ1

・玉ねぎ:中サイズ半分

・生姜チューブ:大さじ1

・サラダ油:小さじ1

・料理酒:大さじ1

・本みりん:大さじ1

・砂糖:大さじ1

・しょうゆ:小さじ1

 

●作り方

1.保存容器で鶏ひき肉と塩麹をよく混ぜて

一晩冷蔵庫に置きます。

2.玉ねぎをみじん切りにします。

3.ボウルなどの容器で、料理酒、本みりん、砂糖、

しょうゆをよく混ぜておきます。

4.フライパンでサラダ油を熱し、玉ねぎと生姜を加え、

しっかり炒めます。

        5.玉ねぎが透明になったら、1.を加えて木べらで

崩しながら炒めます。

6.5.にしっかり火が通ったら、3.を加え、

汁気がなくなるまで炒め煮にします。

 

まとめ

 

今回は、発酵食品の健康に良い仕組みと、塩麹のレシピについて、

紹介してきました。

発酵は、微生物の働きによって行われるので、作るのには少し

時間がかかりますが、自家製のものは添加物なしのものが作れますし、

安心して手軽に使えますので、是非チャレンジしてみてください。