日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

キッチン掃除は毎日にする?洗剤とおすすめの道具で綺麗を維持!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190821064539j:plain

キッチンは毎日の食事で利用するので汚れやすく、栄養も豊富なので

汚れを放置すると、バイ菌が繁殖して、健康を害する恐れもあるので、

清潔にしておくことが大切です。

でも、毎日しっかりお掃除するのは大変で面倒くさいと

感じてしまいますよね。

キッチンの毎日のお掃除は、食器洗いの後、少し取り組むだけで

実際は大丈夫です。

 

今回は、キッチンのお掃除について、紹介していきます。

 

 

 

毎日3点!ちょっとした掃除はここを取り組んで!

 

毎日の、食器洗いの後のキッチンのお掃除は、

「シンク内と排水口内」「シンク周りの汚れや水はね」

「コンロ周りの油はね」の3点のお掃除を行ってください。

 

シンク内や排水口内は食品カスや油汚れが付着しやすく、

放置すると悪臭の原因となります。

お掃除の際は、食器用のスポンジとは別に、掃除用のスポンジを

使用しましょう。

 

シンク周りに水はねが残っていると水垢の原因になります。

水滴や汚れはしっかり拭き取ります。

 

コンロ周りの油はねは、時間が経つと固まって、お掃除をするのが

大変になりますが、コンロが温かいくらいの内に拭き取ると、

油が柔らかい状態なので、さっと落とすことができます。

 

 

この3点のお掃除であれば、5分~10分程度で終わりますし、

毎日やることで、汚れも溜まりにくくなります。

 

スポンサードリンク

 

 

 

キッチンの掃除をするなら洗剤はこれを使うといい!

 

毎日お掃除をしていても、取り切れなかった油汚れや、

こびりついた水垢で、キッチンはどうしても汚れが

溜まってしまいます。

そのため、週一程度の頻度で、念入りにお掃除する機会を

作ってください。

 

油汚れにはアルカリ性、水垢には酸性で掃除すると汚れが落ちます。

 

専用の洗剤を用意しても、もちろん良いですが、

いろんな種類があって、お掃除の度に洗剤を変えるのも大変です。

 

重曹セスキ炭酸ソーダクエン酸、この3種類を、

汚れの性質に合わせて使う事で、しっかり汚れを落とすことが

できます。

キッチンだけでなく、お風呂やトイレの掃除にも使えますし、

それぞれ人の体に害がない成分でできているので、

お子さんのいるおうちでも、安心してお掃除に使えます。

 

 

重曹は、油汚れや焦げつきに効果的です。

油汚れは、食べ物から油やたんぱく質が飛び散って固まった

酸性の汚れです。

重曹アルカリ性なので、酸性の汚れと中和反応を起こして、

しっかりきれいにすることができます。

また、粉末で使うと、クレンザーの役割を果たして

頑固な焦げつきを落とします。

 

セスキ炭酸ソーダは、重曹と同様にアルカリ性で、

タンパク質の分解ができるため、血の汚れや皮脂・垢を

除去するのに向いています。

水に溶かしてスプレーにして、コンロの頑固な油汚れを

浮かして落とすのに使えます。

キッチンのお掃除だけでなく、皮脂や垢に効果が高いので

しつこい皮脂汚れの洗濯にも使えます。

 

水垢の汚れにはクエン酸を使いましょう。

クエン酸は、水に溶かすと酸性の性質を持ちます。

クエン酸スプレーを使い、水垢を柔らかくしてから、

スポンジで洗い落とすと、綺麗に水垢が取れます。

トイレの黄ばみ掃除にもおススメです。

 

 

月一や年末大掃除などの、大がかりなお掃除のタイミングでは、

                換気扇のフィルターやファンのお掃除もしたいですね。

換気扇には頑固な油汚れがこびり付いていますので、

セスキ炭酸ソーダで、しっかり汚れを浮かせてから

洗い流すとすっきり汚れが落ちて良いです。

 

また、忘れがちなのが、電子レンジです。

電子レンジの汚れを放置しておくと、不衛生なだけでなく、

熱効率が悪くなり、余計に電気代がかかってしまうそうです。

さらに、油汚れや、焦げに引火して火事になる危険性もあるそうなので、

大変なことになる前に、お掃除しましょう。

電子レンジの汚れの大半は油汚れなので、ここでも重曹が活躍します。

重曹:水=14になるようにコップに水を注ぎ、レンジで4分ほど

加熱、その後扉を開けずに10分ほど蒸らすと、油汚れが柔らかく浮いて

落ちやすくなります。

落ちやすくなった汚れを、キッチンペーパーで取り除けば、

汚れたレンジはきれいにお掃除できます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

キッチンの掃除を楽にする道具を紹介!

 

100円ショップでは、お掃除に使える道具が色々売っています。

大がかりなお掃除をするタイミングで使ってみるのはいいかも知れません。

 

ただし、毎日のお掃除には特別に揃える必要は特にありません。

掃除用のスポンジとキッチンペーパーがあれば、十分です。

 

念入りにお掃除するタイミングでは、お古の歯ブラシや

スプレーボトル、捨てても大丈夫な布巾があるとお掃除が捗ります。

布巾が無ければキッチンペーパーで問題ありません。

手荒れが気になる場合は、ゴム手袋を使うと安心です。

 

お掃除用品は、汚れを取るために使うので、汚れます。

お掃除の為に汚れた道具を手入れするのは、本末転倒だと思っています。

基本的に汚れたら捨てていいような道具を使うことをおススメします。

 

 

まとめ

 

毎日使うキッチンは、毎日汚れが蓄積されていきます。

汚れがこびりついてからのお掃除となると、汚れを取るのは

なかなか苦労します。

今回紹介したように、毎日510分程度の小まめなお掃除で、

汚れが蓄積されにくくなるので、毎日ちょっとずつ

取り組んでください。

 

 

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com

www.mainichi-tanoshiku-hibino.com