日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

崖の上のポニョのモデルは金魚で舞台は広島!見る前に知っておきたい豆知識!

スポンサードリンク

金曜ロードショージブリ週間が始まりましたね。

今回は私の大好きな崖の上のポニョが放映されるとのことで
ポニョっていったい何者なんだろう?
ポニョの世界ってどこがモデルなんだろう?

って気になっていました。

ポニョのモデルは実は金魚で、広島を舞台に作られました。

その金魚とさらにポニョにそっくりな魚がいるので
詳しくご紹介しますね。

 

 


ポニョのモデルは金魚?でも実は・・・

一番初めのポニョのモデルは金魚でした。
あの有名なポニョのテーマソングも

 

ぽーにょぽにょーぽにょ さかなのこ

ではなく

ぽーにょぽにょーぽにょ 金魚のこ

 

だったんだとか。

でも、海に金魚は不自然だろうってことで
金魚をモチーフにした人魚になりました。

そして、テーマソングも

金魚のこ⇒さかなのこ

になったとのことです。


ポニョのモデルではないがポニョっぽい魚!

 

ポニョのモデルではないんですが、ポニョにそっくりと
言われている魚がいます。

それが、フウセンウオという魚です。

こちらから画像をみることができます。

https://www.google.com/search?q=%E3%83%95%E3%82%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%AA&oq=%E3%83%95%E3%82%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%AA&aqs=chrome..69i57&sourceid=chrome&ie=UTF-8

 

いかがでしょう?めちゃくちゃポニョっぽくないですか?

これがモデルと言われたら「確かに」って思いますよね。

でも、これは金魚ではなくダンゴウオという海水魚の仲間で
さむーい海に生息しているようです。

 

スポンサードリンク

 

 

ポニョの舞台になった町は広島県

 

ポニョの舞台は広島県福山市にある鞆の浦(とものうら)
ってところです。

宮崎駿監督がはっきりといったわけではなく、ポニョの作成が
されているときに鞆の浦に長期間いたため
そうなのではないか?と言われているんです。

確かにそれっぽい風景もありますが、実際のところは
わかりませんね。

 

ポニョの世界は不思議すぎる!

 

私、ポニョを見ていて凄い違和感を感じたシーンが
ありました。

最後の方に宗助とポニョが宗助のママであるリサを
探しているシーン。

途中で、リサの車を見つけて宗助が「リサー」って
泣きながら呼んでいて、そこへポニョのお父さんが
現れ、ポニョを返せといわんばかりに襲ってきます。

宗助を助けるために普段車いすだったおばあさんが
立ちあがって助けにきたり、そのあと結局つかまっちゃって
リサ達のもとへ行くんですけど、そこでも
車いすだった人たちがみんな子供のように走っています。

おばあさんも「天国みたいね」みたいなことを言っていて
死んだ後の世界を演出しているみたいです。

しかも、町は波に飲み込まれているのでそう思わされても
仕方ないかと。

でも、宮崎駿監督が描く世界ってちょっと不思議なところも
多いのでこれも通常なのかと思ったり。
それを面白おかしく都市伝説として誰かが流しているようにも
思えます。

 

まとめ

 

こうやっていろいろなことを考えながら見られるのが
ジブリなんじゃないかな?と最近思うようになってきました。

いろいろ考えながストーリーを見るとまた違った面白さが
味えますよ。

今回はポニョの世界でしたがジブリシリーズではいろいろな
モデルや舞台があり、都市伝説があります。
そういったものを知ったうえでみるのも面白いですね。