日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

タイヤの空気圧はセルフでチェック!確認の仕方!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190817093218j:plain

 

 

 

日本自動車タイヤ協会の調べによると、約4割の車が

空気圧不足のまま走行しているそうです。

タイヤの空気圧は、何もしなくても自然に抜けていき、

1か月で510%ほど減少していきます。

小まめに空気圧をチェックせずに乗り続けていると、

空気圧の低い状態で車に乗っていることになります。

タイヤの空気圧は燃費にも影響しているので、適正な

状態で車を使いたいですよね。

自然に減少していくものなので、1か月に1回くらいは

チェックしたほうがいいです。

 

タイヤの空気圧はセルフのガソリンスタンドでできる!

 

タイヤの空気圧のチェックは、代表的なところでは、

ガソリンスタンドやカー用品店などでおこなえます。

セルフサービスのガソリンスタンドでも、タイヤの

空気入れが置かれているところが多いです。

わざわざ整備工場にお願いしなくても、ガソリンの

補填のついでに小まめにタイヤの空気圧チェックを

おこなうことができます。

 

 

◆タイヤの空気圧のチェック項目はここを見ていけばOK

 

セルフサービスのガソリンスタンドでタイヤの空気圧を

チェックする場合、空気圧の適正量が分からないという

問題のため、自分で点検をおこなうことを避けている人も

いるかもしれません。

 

タイヤの空気圧の適正量を知る方法は案外簡単です。

 

国産車の場合は、運転席のドアを開けたところに、

適正な空気圧を書いたシールなどが貼っています。

 

外車については違うところにシールが貼っているので、

ディーラーで確認をしてくださいね。

 

前輪と後輪で適正な空気圧が違う場合がありますので、

注意が必要です。

また、車種によって適正な空気圧は異なりますので、

必ずご自身の車について確認するようにしてください。

車を買った際についてくるメンテナンスの本にも

適正空気圧の数値が書いていますので、読んでおきましょう。

 

なお、タイヤの空気圧を高めにすると、タイヤの消耗が

激しくなり、寿命を縮めてしまうだけでなく、ブレーキの

ききが悪くなったり、乗り心地が悪くなるといった

デメリットがあります。

 

そして、空気圧が低めになると、先ほど書いたように

燃費が悪くなります。

理由は、空気圧が低い状態だとタイヤの接地面が増え、

抵抗が大きくなり、エネルギーが多く必要になるためです。

さらに、タイヤの空気圧が低い状態で運転を続けると、

ハンドルが取られ気味になったり、タイヤの破損に繋がったり、

事故の元になります。

 

タイヤは空気圧が高くても低くても車にとって良くないのです。

小まめにチェックし、空気圧が適正量になるようにして

運転してください。

 

 スポンサードリンク

 

 

タイヤの空気圧がどのくらいか?確認をしてみよう!

 

適正空気圧は運転席側のドアを開けたところで確認できましたが、

実際のタイヤの空気圧の状態を確かめてみましょう。

 

ある程度の時間を走っていたり、高速道路を走ったりすると、

タイヤが熱をもち、中の空気が膨張するため、本来の空気圧より

高めに数値が出てしまいます。

また、夏はアスファルトが暑くなっているので、タイヤにも

影響を与えています。

正確な調整をおこないたいので、朝方や夜間に10分以内の走行で、

さらにタイヤをある程度冷ましてから、空気圧のチェックを

おこなうのが良いでしょう。

 

セルフサービスのガソリンスタンドで一般的に置いてある

タンク式の空気入れは、タイヤのバルブ(差し込み口)に

空気入れの口金(バルブに差し込む金具のこと)を

差し込むと、空気圧計でタイヤの空気圧を確認することが

できます。

 

なお、タンク式の空気入れは、タンクの中の圧縮された空気が

タイヤに入れることができる状態になっている必要があります。

使用する前に、使える空気圧になっているかどうか

確認しましょう。

タンクの空気入れ専用のスタンドにセットすると、

圧縮した空気をタンクに貯めて、待機状態になります。

 

圧縮された空気が十分に入っている空気入れで、

タイヤの空気を調整する際は、以下の手順でおこないます。

 

1.タイヤのバルブのキャップを外します。

 

2.バルブに空気入れの口金を差し込みます。

 

3.空気を入れるために+(プラス)ボタンを押します。

 

4.空気圧が高い状態であれば空気を抜くための

-(マイナス)ボタンを押します。

 

5.空気を入れたり抜いたりを繰り返しながら、

適正な空気圧になるように調整します。

 

6.口金を外し、バルブにキャップをはめます。

 

7.すべてのタイヤで空気圧が適正な状態になったら

完了です。

 

空気入れのタイプによって、口金の癖が違っていたり

するので、少し時間がかかることもありますが、

慣れてくれば10分も掛からずにすべてのタイヤの

空気圧を調整することができるようになります。

 

 

まとめ

 

今回は、タイヤの空気圧について、特にセルフサービスの

ガソリンスタンドでの調整の仕方について紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか。

空気圧は自然と下がってきてしまいますし、空気圧の

低い状態で運転を続けるとバーストといったタイヤが

 千切れて飛び散る事故の元にもなります。

小まめにタイヤの空気圧の状態をチェックして、

適正な状態で車を運転してくださいね。