日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

発酵食品とはどんな種類と効果があるの?

スポンサードリンク

 

f:id:mariparon2:20190816122450j:plain

近年、「発酵食品」が健康食・美容食として飲食業界の

トレンドの一つとなっています。

発酵食品専門のレストランやカフェがあったり、ネット通販でも

様々な価格帯の発酵食品の商品が見つかったりします。

 

日本の伝統的な発酵食品として、納豆、醤油、味噌、漬物、鰹節

などがありますが、パンやヨーグルト、紅茶、キムチなど、

世界でも伝統的に食べられています。

 

伝統的に食べられている発酵食品ですが、なぜ、改めてブームに

なっているのか、発酵食品の健康・美容効果について、

紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

発酵食品とは保存食として食べられていた!

 

冷蔵庫などが存在する以前から、保存食として、または風味を

改良したり食品の硬さを柔らかくしたりするといった目的で、

発酵食品はつくられてきました。

 

発酵食品に欠かせない、発酵を行う微生物のうち、代表的なのが

「乳酸菌」「麹菌」「酢酸菌」「酵母菌」です。

 

これらの微生物が食材に付着して、食材に含まれる成分を分解し、

自らの栄養にしたり、新しい産物をつくり出したりします。

たんぱく質アミノ酸やペプチド、糖質は乳酸やアルコール、

そういった形に食材を変化させます。

発酵の過程で、保存性が高まり、健康的な体をつくる成分が増え、

旨味や風味が増します。

元の食材に含まれていない栄養価が新しく生まれることもあります。

 

ところが食材の種類や、温度などの環境条件によっては、

食べられないものに変わってしまうこともあります。

これが「腐敗」です。

 

微生物からすると、発酵と腐敗は、プロセスとしては同じですが、

人間にとって役に立つかどうかの違いになります。

 

 スポンサードリンク

 

 

発酵食品を取り入れていくと美容に効果あり!?

 

最近の研究によって、発酵食品の健康効果について、

どんどん明らかになってきています。

 

発酵食品が体にもたらす良い働きとして、大きく2点あげられます。

 

1つ目は、「体内の酵素の無駄遣いを防止する」ことです。

発酵食品は、微生物により食材がある程度消化された状態に

なっています。

体に入る時点ですでに消化の下準備が行われているため、

消化に必要なエネルギーや消化酵素が少なくて済み、

胃腸にかかる負担が低いのです。

 

2つ目が、「腸内環境を整え、免疫力を高める」ことです。

最近では、「腸は第二の脳」といった表現もされるようになって

注目を浴びている腸内環境ですが、発酵食品は腸内環境を

          整えてくれます。

 

腸内には、乳酸菌、ビフィズズ菌など何千何百種類もの

微生物が存在しており、腸内の消化吸収に大きな役割を

果たしています。

 

発酵食品には、乳酸菌、納豆菌など私たちの体を改善する

善玉菌が多く含まれています。

 

また、体外から入ってくる病原体などと戦う免疫細胞も

腸内には多数存在しており、発酵食品に含まれる善玉菌は

この免疫細胞を活性化することが分かっています。

 

 

「乳酸菌」は、便秘や肌荒れの原因となる悪玉菌の増殖を抑制し、

腸の免疫力アップにも効果があるといわれています。

 

「麹菌」は、必須アミノ酸とビタミンB群を豊富に含み、

血行促進や代謝アップが期待できます。

 

「酢酸菌」は、クエン酸を豊富に含み、腸内のバランスを整え、

便秘解消や食欲増進、血液をサラサラにするといわれています。

 

酵母菌」は、腸内で善玉菌として働き、悪玉菌を抑制して

腸内環境を整えてくれます。

糖分やアルコールをガスに分解する作用があり、カロリーの

吸収を抑える効果もあるといわれています。

 

健康だけでなく、美容に良いとされる理由もあります。

 

まず期待できるのが「抗酸化効果」です。

抗酸化作用をもっている成分は、ビタミンCやカロテンなどが

ありますが、これらの成分は素のままで摂取するより、

発酵させ酵素が働いた状態の方が、体の中で効率良く

作用するそうです。

 

次に期待したいのが「美白効果」です。

米の発酵液にはくすみの元となるメラニン色素の働きを

抑える作用があります。

また、乳酸菌の発酵エキスには、皮膚の色素沈着を起こす

チロシナーゼの活性を阻害する効果があるそうです。

 

他にも保湿効果やデトックス効果など、さまざまな

美容効果が期待されています。

 

 

まとめ

 

今回は発酵食品の健康・美容効果について紹介しましたが

いかがでしたでしょうか。

 

健康や美容に良いのであれば、積極的に取り入れたいですよね。

さいごに、より効果的に発酵食品を食べるコツをご紹介します。

 

1.毎日食べる

毎日継続的に食べることで、腸内の善玉菌が安定的に増加します。

 

2.なるべく生のまま食べる

発酵食品に含まれる酵素は熱に弱いので、なるべく生のまま

食べると効果的です。

温めるときも、加熱しすぎには注意してください。

 

3.複数の種類の発酵食品を食べる

食品によって栄養素が異なります。

複数の種類の発酵食品を食べて、より多くの種類の善玉菌を

体に取り入れましょう。

 

4.相性の良い食材と食べる

食物繊維やオリゴ糖など、発酵食品と相性の良い食べ物と

組み合わせて取り入れることで、善玉菌の働きを

より活発にすることができます。

 

毎日の食事に、発酵食品を取り入れて、体の内側から

綺麗になっていきましょう。