親子で旅行を楽しむブログ!

私が今までに行った子連れ旅行をテーマに記事をアップしています。

日光の紅葉シーズンは渋滞に注意!ツアーならストレスなく回れる!

スポンサードリンク

 

 

f:id:mariparon2:20190810064846j:plain


 

日光の見どころといえば、日光東照宮に代表される日光社寺と、

華厳の滝などの男体山を含む日光連山の大自然です。

 

古くから人気の観光スポットで、観光シーズン以外でも、

多くの観光客でにぎわいます。

 

紅葉の時期については、日光の山々は標高差があるので、

場所によって若干ずれがあったりします。

9月下旬から11月下旬にかけて、長く紅葉を楽しめます。

 

しかし、日光の紅葉は全国的にも有名で、都内からアクセスが

可能な場所であるため、紅葉シーズン通して大変混雑します。

 

有名な紅葉スポットに行く道は渋滞が起きていますので

車で行こうと考えている人は注意が必要です。

特に、日光いろは坂の上りは、テレビのニュースで

毎年とりあげられるくらい、渋滞が凄いことで有名です。

 

今回は、紅葉の時期の日光の観光で、渋滞の状況について

紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

車で見に行くなら知っておきたい日光の紅葉渋滞の箇所!

 

日光で人気の紅葉スポットである「奥日光」や「華厳の滝」に

観光に行こうと思う方は多いでしょう。

しかし、行くまでにかなり大渋滞しますので注意が必要です。

 

行く途中に、先にあげていた「いろは坂」という道を

通るのですが、紅葉の時期になると、平日であろうと

大渋滞が起きるスポットとなっています。

平日でも9:00ごろから13:00ごろまでは渋滞気味ですし、

土日祝日だと8:00ごろから17:30ごろまで、ずっと渋滞が

続きます。

 

いろは坂自体も綺麗な紅葉を楽しめることで

観光の人気があり、そのため渋滞の原因になります。

 

また、上り専用である「第二いろは坂」は

ロープウェイ乗り場を境に車線が2車線から1車線に

なってしまうことが原因で、一気に大渋滞になります。

 

さらに、いろは坂は最終的に中禅寺湖周辺に出るのですが、

最後のT字路の交差点でも大渋滞が起ります。

 

いろは坂は山道の1本道なので抜け道という道もなく、

渋滞にはまると抜け出せません。

 

この対策として、栃木県は、2019101日から

日光市の第二いろは坂(国道120号、上り)で、

渋滞の一因となっている対面通行区間を一方通行に

切り換えることを決定しています。

実験時点では、通過時間が約2時間短縮する効果が

出ているといわれています。

ただし、紅葉の観光シーズンは、いろは坂の紅葉も

観光の目的にしている人も居て、毎日の渋滞が

例年のことなので、実際にどの程度の効果が出るかは、

これからといったところです。

 

ですので、紅葉の時期の土日祝日にいろは坂を通る場合は、

坂を上るまでに23時間の覚悟はしておいた方が良いでしょう。

 

なお、いろは坂の道中にはコンビニやガソリンスタンドが

ありません。

入口手前のコンビニやガソスタ付近には「ここが最終です」

といった警告の案内板も出ているので、渋滞にはまる前に

トイレや買い物、ガソリンの補充は済ませておきましょう。

 

この渋滞を回避するためには早朝から行って、いろは坂

混雑する時間帯の前に通過しておく必要があります。

 

あるいは、別ルートから「奥日光」・「華厳の滝」に

行くことも可能です。

別ルートというのは、「関越道沼田IC」から奥日光に

向かう方法で、比較的スムーズに行くことができます。

 

いろは坂自体が目的ではないのであれば、別ルートから

目的地へ向かうことを検討してみてください。

スポンサードリンク

 

 

 

ツアーでいければ渋滞もなくスムーズに紅葉がみれる!

 

日光で紅葉観光をしたい場合、自家用車や路線バスなど

公共交通機関の利用を考えるかと思いますが、バスツアーも

たくさんあります。

たとえば、はとバスでは、都内からの日帰りのバスツアーが

1万円程度で用意されています。

自家用車や公共交通機関の利用をした場合でも、結果的に

ある程度の出費が発生しますので、総合的にオトクに

なるかと思います。

 

バスに乗ったからといって、いろは坂の渋滞にはまれば、

抜け出すのには時間がかかるのですが、バスツアーの多くは、

朝早い時間にいろは坂を抜けるようにスケジュールを

設定しているようです。

 

また、バスツアーであれば、運転はドライバー任せにできるので、

渋滞にはまったとしても、窓の外の紅葉をゆっくり堪能する

こともできます。

 

ツアーに参加することで、自分で調べなくても、じゅうぶんに

見どころの案内もしてもらえます。

 

もし、都内から一人か二人で観光に日光に向かうのであれば、

渋滞のリスクや運転の大変さを考えて、バスツアーの参加を

検討すると良いと思います。

 

 

まとめ

 

紅葉の時期の日光の観光について、主に例年の渋滞の状況について

ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

この時期は、結構思い付きで観光に出かけ、渋滞にはまって

しまう人が続出します。

事前に混雑の状況を把握し、早朝からの移動をするか、

ルートを選ぶなど対処をすることで、渋滞の影響を

大きく受けずに観光することができます。

 

せっかくの観光を渋滞による疲労で台無しにしないよう、

準備を行って、楽しい紅葉狩りにしてください。