日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

青春18切符で新幹線も乗れる?使い方と有効期限について!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190728215435j:plain

「青春18きっぷ」って、JR駅構内などの広告で

よく見かけることがあるかと思います。

 

「青春18きっぷ」は、基本的にJRの普通・快速などの

列車に乗車することができるきっぷ(乗車券)です。

 

名前の印象で、18歳以下の学生さんだけが利用できる

きっぷかと思われがちですが、実は年齢の制限はなく、

大人も利用できます。

 

「青春18きっぷ」を使うと、1JRの列車に

乗り降りし放題になります。

ただし、基本的に普通列車・快速列車のみ有効な

きっぷのため、長距離の移動になると乗車や乗り継ぎで

長時間になります。

また、普通列車・快速列車の運転本数が極端に少なかったり、

普通列車・快速列車の乗り継ぎだけでは目的の時間までに

目的地に到着しない場合も出てきます。

 

運賃は安くしたいけど、時間までに間に合わせたい、

そのために目的地まで少し時短したいといった場合、

一部の区間だけ特急や新幹線も合わせて使うことを

おススメします。

そういった使い方のことを、「ワープ」といいます。

 

今回は、「青春18きっぷ」と、新幹線や特急を合わせて移動する

 「ワープ」について、紹介したいと思います。

 

 

 

使い方のルールはあるの?

 

先ほども書きましたが、「青春18きっぷ」は

JR普通列車・快速列車に対する乗車券になりますので、

「ワープ」で特急や新幹線に乗っている際は、

「青春18きっぷ」では乗れません。

特急や新幹線用の乗車券と特急料金が別途必要になります。

 

でも、せっかく「青春18きっぷ」を使って運賃を

安く抑えようとしているのであれば、

「ワープ」も安く抑えたいですし、効果的に使いたい

ですよね。

 

「ワープ」を効果的に使う箇所として、「特定特急料金区間

「在来線が大回りの区間」「第3セクター」を目安にしましょう。

 

新幹線には、「特定特急料金区間」という制度があり、

隣同士(だった)駅間の新幹線特急料金が格安に

設定されています。

これを上手に利用することで、「ワープ」の費用を

抑えることができます。

 

また、「在来線が大回りの区間」については、在来線の

線路が大回りになっていて、普通列車・快速列車のみだと、

新幹線に比べて距離が大きく長い場合、時短のために

新幹線を利用する効果が増大します。

 

そして、新幹線が開通したために、JRから「第3セクター」に

転換された区間です。

この区間は、「青春18きっぷ」が使えませんので、

別途運賃を払わないといけません。

「第3セクター」は運賃が比較的高いので、

「青春18きっぷ」以外に運賃を支払うのであれば、

新幹線に乗ってもあまり変わらない場合もあります。

 

 

これらの区間以外でも、普通列車・快速列車の本数が

あまりにも少なくて、目的地に到着するためには

特急列車で「ワープ」を使わざるを得ない場合も

あるかと思います。

 

また、本州~北海道の移動の場合(北海道~本州も)、

奥津軽いまべつ木古内北海道新幹線に乗れる

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」が販売されています。

興味のある方は、詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

※「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」の利用の際は、

有効な「青春18きっぷ」も一緒にもっておく必要があります。

 

移動の費用を安く抑えようとしているのであれば、

事前に経路や移動時間をしっかり下調べしましょう。

どういった行き方であれば、どれくらい節約効果が

得られるかと考えるのも、旅の楽しさになると思います。

 

スポンサードリンク

 

 

青春18きっぷはいつでも使っていいの?

 

「青春18きっぷ」には、販売期間・利用期間があります。

春・夏・冬それぞれ以下の期間で販売を行っています。

 

●青春18きっぷ 春期

販売期間:220日~331

利用期間:31日~410

 

●青春18きっぷ 夏期

販売期間:71日~831

利用期間:720日~910

 

●青春18きっぷ 冬期

販売期間:121日~1231

利用期間:1210日~110

 

料金は、大人・子ども同額で、11,850円です。

1枚のきっぷで5回まで利用可能で、1回あたりの

有効期間は乗車日当日限りです。

 

利用期間が決まっていますので、「2日分使って

取っておき、残りの日数分を翌年に使う」といった

使い方はできません。

利用期間内に使い切れるようにスケジュールを組みましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、「青春18きっぷ」と特急・新幹線を組み合わせて

利用する「ワープ」について紹介してきました。

 

効果的に「ワープ」する区間として、「特定特急料金区間

「在来線が大回りの区間」「第3セクター」とお伝えしましたが、

「青春18きっぷ」はJR普通列車・快速列車が乗り降りし放題

とはいえ、そもそも列車の運行本数が少なければ目的地に

たどり着くことが難しい場合もあります。

また、利用客が多い区間は、通勤型タイプの車両で

座ることができず景色を楽しむこともできず、人混みの中を

移動せざるを得ない場合が多々あります。

 

そういった区間も、積極的に「ワープ」を利用して、

最終目的地までの列車旅が楽しめるようにしたいですね。