日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

かさばりやすいレジ袋の上手なたたみ方と収納アイデア!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190716212821j:plain

ゴミ袋として使ったり、お掃除の際に手にはめて

使い捨て手袋替わりにしたり、油汚れや焦げつきを

取るのにスポンジ代わりに使えたり、レジ袋って、

あると何かと便利ですよね。

うちでも、スーパーやコンビニで貰ったレジ袋は

都度ストックしています。

 

一気にたくさん使う事もあるので、ある程度

ストックしておきたいレジ袋ですが、

貰ってきてそのまま取っておくと、とってもかさばって

収納に困ったりします。

 

便利だけどかさばるレジ袋の収納について、たたみ方や

便利に使えるアイデアを紹介していきたいと思います。

 

 

 

レジ袋の上手な収納方法は?

 

よく見かけるのは三角に折りたたんでまとめる方法です。

縦に半分、また半分と1/4に細長くたたんだ後、

袋の下側から三角形にたたみ続けて最後に入れ込む方法です。

とっても小さくなりますので、かさばらないたたみ方です。

収納場所が小さいけど、沢山レジ袋をストックしたい場合は

このたたみ方がおススメです。

 

ただ、数が少ない内はそれほど大変ではないのですが、

枚数が多いと、手間に感じることもあるかと思います。

また、大きさがまちまちになるので、まとまらないように

感じるかもしれません。

 

 

次によく見かけるのは、縦に細く折りたたんだ後

(折りたたまずにクシャっと伸ばす場合もあり)

ひも状になったレジ袋をくるっとくくる方法です。

 

まとめる作業としては、とっても簡単です。

しかし、このまとめ方、割とかさばりますし、

使う時にほどくひと手間がかかります。

 

 

収納場所も、キッチンで使う機会が多いレジ袋なので、

キッチンの使いやすい場所に置いておきたいですよね。

 

次は、便利なアイテムや使いやすいアイデアを使った、

より使いやすい収納の仕方をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

 

 

レジ袋を上手に収納して取り出しもスマートなアイデア集!

 

まず最初におススメしたいレジ袋収納が、100円ショップの

セリアで購入できる「プルアウトボックス」です。

ふた付きのプラスチック容器ですが、ふたの部分に十字の穴が

開いており、そこから簡単に中身が取り出せるアイデアグッズです。

色んなサイズが展開されていますが、レジ袋に使うのであれば、

ロングサイズがいいと思います。

 

複数のレジ袋を伸ばして重ね束にして、穴の方が山になるように

二つ折りにして入れるだけです。

 

使う時は上の穴から1枚ずつ取り出すことができます。

 

棚に置いて使う事が出来ますし、プラスチックの容器なので、

底の部分にマグネットを内側から仕込む事で、冷蔵庫などに

貼り付けて使う事も出来ちゃいます。

サイズごとに分けておきたい場合も、同じサイズの

容器になりますので、重ねて収納することもできます。

 

 

セリアが近所に無い場合、似たようなアイデアグッズが

見つからない場合、吊るせるタイプのティッシュケースが

おススメです。

 

吊るせるタイプのティッシュケースは横に取り出し口が

開いていますが、上にもティッシュ箱を入れる為の口が

開いています。

 

レジ袋を入れる場合、ティッシュの要領で、互い違いに

重ねて入れると、次のレジ袋が取り出し口から出て

くれるので、取り出しはとても楽になります。

 

互い違いに重ねて入れるのは手間だなと思う場合、

複数のレジ袋を伸ばして重ね束にして、二つ折りか

三つ折りにして、上から入れるだけでも大丈夫です。

また、追加の際も、先に入っている袋を出し直したり

する必要はなく、二つ折りか三つ折りで上からどんどん

後ろに入れていくだけでOKです。

 

フックを用意すれば、キッチンのどこにでも吊るす事ができ、

いつでも便利に使えます。

 

 

最後に、ある程度収納スペースが広めにある場合に

      特別なアイテムなしで取り出しやすい収納のアイデア
紹介します。

 

SMLのサイズごとのレジ袋を1枚ずつ用意し、

レジ袋の底にハサミで取り出し口として使いやすいサイズの

穴を開けます。

 

ストック用のレジ袋は、伸ばして重ねて束にして、

半分にたたんで、底側が山になる様に、上から

入れていきます。

 

そうすると、先ほど紹介したティッシュケースの様に

1枚ずつ取り出しやすい状態になります。

ストックの追加も、上が開いている状態なので、簡単ですし、

収納用の袋が破れても、ストックも大体同じサイズなので、

1枚を収納用に替えるだけで、困りません。

 

うちでは、引き出しにサイズごとに重ねて入れていますが、

レジ袋は手提げ袋になっているので、使いやすい場所に

ぶら下げて使うことも出来ると思います。

 

レジ袋のサイズそのままが収納になるので、ちょっと

広めのスペースが必要なことと、冬は静電気が

発生しやすいのが難点ですが、サイズもわかりやすいですし、

お金が全く掛からないまとめ方でおススメです。

 

 

まとめ

 

今回は、レジ袋の一般的なたたみ方と、収納に便利な

イデアを紹介させていただきました。

 

今回紹介したアイテムの他にも、100円ショップでは、

便利な収納アイテムがたくさん置いてあるので、

家の収納場所の都合に合わせて、適したアイテムを

利用すると良いと思います。