日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

青春18切符青春はどこで買える?販売期間は?夏を満喫するお得情報!

スポンサードリンク

「青春18きっぷ」って、JR駅構内などの広告で

よく見かけることがあるかと思います。

 

「青春18きっぷ」は、基本的にJRの普通・快速などの

列車に乗車することができるきっぷ(乗車券)です。

 

名前の印象で、18歳以下の学生さんだけが利用できる

きっぷかと思われがちですが、実は年齢の制限はなく、

大人も利用できます。

誰でも使える、お得なきっぷです。

 

1枚のきっぷで5日分使用できます。

1人で5日分使ってもいいですが、同一行程であれば、

複数名での利用も可能なので、5人のグループが

1日で日帰り旅行をしても、OKです。

 

「青春18きっぷ」を使うと、1JR普通列車

乗り降りし放題になります。

ゆっくり時間のある場合は、途中でいろんな駅に

立ち寄り、列車旅を満喫しつつ、交通費を節約する、

そういった使い方をしたい方におススメです。

 

今年の夏の帰省に、「青春18きっぷ」を使いたい場合、

どうやって入手できるのか、今回は紹介したいと

思います。

 

 

 

 

青春18きっぷの販売期間は決まっているの?

 

「青春18きっぷ」は1枚につき5日分、

料金は、大人・子ども同一で11,850円です。

 

「青春18きっぷ」には、販売期間・利用期間があります。

春・夏・冬それぞれ以下の期間で販売を行っています。

 

●青春18きっぷ 春期

販売期間:220日~331

利用期間:31日~410

 

●青春18きっぷ 夏期

販売期間:71日~831

利用期間:720日~910

 

●青春18きっぷ 冬期

販売期間:121日~1231

利用期間:1210日~110

 

 

家族で夏の帰省の期間が、8月のお盆休みの期間など、

夏期の利用期間の間であれば、「青春18きっぷ」を使って

移動ができます。

 

9月に入ってから使いたい場合、販売期間が831日までなので、

早めに購入しておく必要があります。

利用期間も910日までなので、どちらも注意してくださいね。

 

 スポンサードリンク

 

 

青春18きっぷはどこの駅でも買えるの?

 

購入場所は、JR各社のみどりの窓口が一番確実に入手できますが、

一部の券売機でも販売しています。

また、JRの旅行センター、主な旅行会社でも

取り扱いがあります。

 

一部の券売機というのが、『指定席券売機』または、

みどりの券売機』、『みどりの券売機プラス』という、

普通の券売機とは違う機械を使います。

近距離きっぷの券売機では買えないので注意してください。

 

なお、「青春18きっぷ」の買える券売機が設置されている駅は

限られています。

最寄り駅に券売機があるかどうかは、以下のサイトで

調べることができます。

 

JR東日本・指定席券売機のある駅

https://www.jreast.co.jp/estation/kenbaiki/

 

JRおでかけネット・設置駅情報検索

https://www.jr-odekake.net/goyoyaku/phone/midori/search/

 

 

さらに、必ずあるとはいえませんが、金券ショップでも、

一部使用済みで使用回数の残っている「青春18きっぷ」を

取り扱っている場合があります。

1日分当たりの金額が割高に設定されているようですが、

5回分使わないのであれば、結果的にお買い得になる場合もあります。

お店に立ち寄ることがあるのであれば、確認してみても

良いのではないかと思います。

 

※金券ショップと同様に、余った「青春18きっぷ」が

オークションサイトやフリマアプリで取り扱われている場合も

ありますが、手元に届かないなどのトラブルも考えられます。

個人間の売買が心配な場合は、正規の購入ルートでの入手を

おススメいたします。

 

※購入後、使わない場合の払戻しは、未使用で有効期間内に限り、

「青春18きっぷ」を発売している箇所で行われます。

また、220円の払戻し手数料がかかります。

 

 

青春18きっぷはどんな使い方ができる?

 

使う際は、改札で駅員さんに見せて入場します。

使用すると、日付入りのスタンプが押されていきます。

 

1人で5日間利用するだけでなく、最初に上げたように

複数人のグループの場合に、同一行程であれば利用が可能です。

 

例えば、5人が同一行程で1日利用できるほか、

3人が同一行程で1日利用して3回分使い、

残り2回分を2人同一行程で利用することなどもできます。

 

複数人での利用の場合、上に書いたとおり、同一行程のみで

利用可能なので、「青春18きっぷ

を所持しているメンバー以外は

集合駅まで(または解散後)はそれぞれ別のきっぷを

用意する必要があります。

 

        また、注意点として、JR普通列車は乗り降り自由ですが、

基本的に私鉄での利用はできません。

JR線と直通運転されている場合など、事前に分かっていれば

問題ありませんが、知らないうちにJR線以外を走っていて、

下車しようと思ったら運賃を改札で請求される場合もあります。

※ただし、途中下車しない通過利用は可能な場合もあります。

 

目的地まで乗り降りを繰り返したい旅の場合、

事前に旅行の経路を調べるなど、下準備が大事になります。

 

 

まとめ

 

今回は、夏の帰省を想定した、「青春18きっぷ」について、

入手の方法などまとめてみました。

 

「青春18きっぷ」は乗り降り自由ですので、途中下車を

繰り返せばよりお得に乗りこなすことができます。

休暇中に遠方の実家に帰省する際、「青春18きっぷ」を使って、

旅費の節約しつつ、途中下車の気ままな旅を楽しむ方も

多くいるそうです。

 

また、行き先が決まっていない行き当たりばったりの旅行でも

大丈夫です。

長い休みの際に1枚買っておくと、帰省や気ままな旅行に使えて

とっても便利です。

 

今年の夏の帰省は、「青春18きっぷ」を使って、

ゆっくりと列車旅を満喫しながらの移動を

楽しんでみてはいかがでしょうか。