日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

お盆の墓参りはいつ?おすすめのお供え物紹介!しないのはダメ?

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190723211757j:plain

実家から離れて、お盆休みの時期に帰省を考えていたときに、

お墓参りをする話が出たけど、いつ行けばいいのだろうかと

詳しく分からないことがありませんか。

お墓参りに行きたいと思っても、お墓参りの仕方や手順がよくわからないと、

ついつい先延ばしにされている方もいると思います。

実は、お墓参りには特別なルールや明確なマナーがあるわけではありません。

ただし、地域の慣習や宗教宗派によっても違いがあります。

なので、詳しい方に確認をとってから、お盆のお墓参りをするのが

一番良いとは思います。

今回は、一般的な話としてのお墓参りについて紹介したいと思います。

 

 

 

 

お盆の時に墓参りはしないといけないもの?

 

お盆には、ご先祖様や亡くなった方の霊が浄土から

地上に戻ってくると言われています。

地上に戻ってきた霊を供養する時期がお盆です。

 

地域によって違いがありますが、8月または7月の

13日~16日の4日間にあたります。

夏休みの時期と合わせて、8月の4日間をお盆とすることが

多いようです。

 

なお、新盆(しんぼん・にいぼん)とは、亡くなった方の

四十九日の法要も済んだ後、初めて迎えるお盆のことを言います。

亡くなった時期により、お盆に四十九日が済んでいない場合は、

つぎの年が新盆となります。

 

一般的な、お盆の考え方として、13日(お盆の入り・迎え盆)に、

お墓参りに行き、玄関で迎え火を焚いてご先祖様の霊をお迎えし、

お盆の間、ゆっくりとご先祖様の霊を偲びながら過ごして、

16日に送り火を焚いてご先祖様の霊を浄土へ送り出します(精霊送り)。

 

現在では迎え火を焚く風習は少ないようですが「ご先祖様を迎えに行く」

という形で、13日のお墓参りが残っていることが多いようです。

なので、お墓参りをするのであれば、813日の日中に行くのが

一般的だと考えるとよいでしょう。

 

 

お墓参りに行くのであれば、お墓とお墓周りを掃除しましょう。

まずは、お墓の周りの雑草を抜いて、落ち葉やゴミを拾います。

玉砂利も、ザルに入れて水洗いをし、しきなおすと綺麗になります。

 

続いて墓石の掃除をしましょう。

墓石をいためる原因となるので、洗剤は使わず、

水を含ませたスポンジで洗います。

彫刻や文字の彫ってあるところは、歯ブラシなどで軽くこすると良いでしょう。

墓石はデリケートなので、硬い金タワシを使うのはやめましょう。

 

その他の小物については、中身を出して水洗いをします。

 

最後に墓石を乾いた布で丁寧に拭きましょう。

 

 

掃除が終われば、お参りです。

お参りをする順番は、生前亡くなった方と関わりが深かった方から

順番にお参りします。

 

 

ご先祖様への感謝や冥福を祈るお盆のお墓参りですが、

ライフスタイルが変化するにつれて「お墓参りに行けない」という人も

増えていいます。

仕事の都合や、遠方に住んでいるため、お盆のお参りを断念している場合、

「手元供養」という方法があります。

手元供養では、宗派や形式、場所や時間にとらわれずご先祖様や

亡くなった方に手を合わせることができます。

 

スポンサードリンク

 

 

お盆の時の墓参りに持っていくお供え物は何?

 

お墓参りをする場合、亡くなった方が生前に好きだった物を

お供えするのが良いです。

お菓子や果物、飲み物、お花などをお供えする場合が多いですが、

特に決まりはありません。

お盆には、お供え用の「盆菓子」やお花なども売られています。

 

お線香をお供えする場合、火は振って消すのがマナーです。

お線香をあげる本数は、一般的には2本から3本程度ですが、

特にきまりはなく、宗派によっては束でお線香をあげることもあるそうです。

 

お花をお供えする場合、宗教や地方、各家庭によって違いがありますが

定番のお花は菊です。

菊は持ちが良く、邪気を払うとされていることから、古くより仏花として

用いられてきました。

 

生花でお供えする場合が多いですが、近年では亡くなった方の好きだった花で

プリザーブドフラワーをお供えする場合もあるそうです。

ですので、決まりが無い場合は、お好みでお供えすると良いでしょう。

 

お供え物はそのまま置いておかず、持ち帰ります。

腐ってしまったり、カラスや動物に汚される可能性がありますので、

お参りの間だけお供えをし、帰りに持ち帰りましょう。

 

なお、お酒好きだった方に向けて、お酒のお供えをするのは良いですが、

お酒を墓石に掛けるのは、墓石をいためる原因となりますので止めましょう。

 

 

まとめ

 

お盆は、ご先祖様や亡くなった方の霊が地上に戻ってきて、供養する時期です。

お墓参りの機会があるようであれば、しっかりお参りできると良いですね。

地域や宗派、ご家庭によって、お墓参りの決まりがある場合もあるので、

詳しい方に確認をとるのが一番ですが、最近では決まりにこだわらず、

自分にとって亡くなった方に対して失礼のないやり方でお参りするのが

良いかと考えます。

遠方や時間の取れない事情がある場合で、お墓参りができなかったとしても、

亡くなった方やご先祖様に思いを馳せる時期なので、手元供養も

良い方法かなと思います。

無理しない範囲で、供養を行ってください。