日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

使用済み油の使用期限はどのくらい?捨てるだけじゃない活用法!

スポンサードリンク

皆さんは 1 度使用した油をどうしてますか?


揚げ物をするとどうしても処理をするのが大変だったり、もう 1 度使うにしても使える期限はどれくらい?と思う人もいるでしょう。

 

 

 〈使用済み油の使用期限は2週間〉


まず、使用する際の使用期限のご紹介です。


使用期限は目安として 2 週間で、3~4 回に分けて使いきりましょう。


ただ、肉や魚を揚げた場合、劣化が早まるためあくまで目安となります。


そこで、劣化した油の見分け方をみていきましょう。


1. 加熱したときに油臭い不快臭や刺激臭がする。
2. 色が褐色で濃い。
3. 揚げているとき細かい油が立って消えない。
4. 冷めた状態で油をすくい上げたときに、粘り気がある。
5. 油切れが悪く、揚げ物にまとわりついてくる。


1 つでも該当する場合、1 週間以内のものでも劣化しています。

劣化したものを使用してしまうと、胃に負担がかかり敏感な人だと胃痛、嘔吐、下痢、腹痛などの症状が出てしまうことがあります。


劣化した油は使わず捨てるようにしましょう。


〈油の適切な処理方法をお金をかけずにやる方法〉

 


今では固めて捨てるタイプのものも売っており、処理は楽になりました。


しかし、家にたまたま買っておいたものがなかったなんてこともあるはず。市販のものを使わず、家にあるものでの処理方法をご紹介します。


1. 紙パックまたはビニール袋をつかう。


牛乳パックなどのパック、または二重にしたビニール袋に丸めた新聞紙やキッチン
ペーパーなどを詰めると簡易油処理ボックスができます。


油は十分冷ましてから染み込ませます。

熱いうちはやけどの危険があるため冷ましてから必ず行うようにしてください。


自然発火防止のため油を注いだ後は水を染み込ませてください。


油を入れたあとはしっかりと口をガムテープで塞いでゴミにだしてください。


2. 小麦粉や片栗粉を使用する。


小麦粉や片栗粉を使用して油凝固剤の代用品にすることができます。


油が冷める前に油と同量くらいの小麦粉または片栗粉を入れると油が固まります。
ただ、小麦粉や片栗粉は使用する量が多いため期限が切れたものを使うのがおすす
めです。


3. ペットボトルを利用する。


空いてるペットボトルに冷ました油を注ぎ入れてふたをするだけです。


燃えるゴミとして出すことも可能ですが、自治体で資源ゴミとして回収を行ってい
ます。車の燃料などにリサイクルされるのでエコにもなります。

スポンサードリンク

 

 


〈使用済み油でも捨てるだけじゃない!使い道を紹介〉


なんと使用済み油を利用して石鹸を作ることが出来るのです。
また、植物性食用油の廃油からは、合成洗剤を含まない自然に優しい石鹸を作ることが
できます。


ゴミが減り、エコにもなるので一石二鳥ですね。


そこで石鹸の作り方をご紹介します。


材料
・廃油 370cc
・苛性ソーダ 50g
・水 100cc


作り方
1. ボウルに苛性ソーダを入れて、棒をつたわせて水を入れかき混ぜます。
このとき、熱を発生するので注意。


また、苛性ソーダは劇薬なので窓を開け、手袋とマスクは必ず着用し肌につかないよ
うにしましょう。


2. 20 分ほどかき混ぜてキャラメルのようになりネバネバしてきたら、牛乳パックなどに移します。


3. 3 週間~1 ヶ月程放置すると固まるので、牛乳パックからはずして包丁で好きな大きさにカットして完成です。
レモンやみかんの皮をミキサーにかけて加えると、ほんのり香りがつき、洗浄力もアップします。


牛乳パック以外にもお好きな型で作ることができます。


できた石鹸は食器洗い、お風呂や洗面台の掃除、洗濯など用途は様々です。
是非、使い終わった油で試してみてくださいね。


今回は 1 度使用した油の処理などをご紹介しました。