日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

ケアンズ旅行記ブログ!1日目はジェットスターで移動するだけ。

スポンサードリンク

 

春休みを利用して、オーストラリアのケアンズへ行ってきました。

 

ケアンズというと、7時間は移動時間にかかってしまうのでどうしても1日目は移動だけで終わってしまいます。

 

ジェットスターを使ったのが今回初めてでその時の様子もまとめました。

 

 

 成田空港からケアンズジェットスターのみ

 

昔はカンタス航空が飛ばしてたり、JALが飛ばしていたような気がしますが今はカンタス航空LCCであるジェットスターのみが成田からケアンズに飛んでいます。

 

しかも、深夜便なので機中泊・・・

結構しんどい(;'∀')

 

今回、私たちは5泊6日のケアンズのたびに出ます。

 

時差は1時間しかないのでそんなにしんどくないし!ってことでわくわくしながら当日の3時ころ家を出発しました。

 

LCCは第三ターミナルからの出発!

 

成田空港に18時ころに到着して、第三ターミナルを目指します。

第三ターミナルへは徒歩または循環バスが出ています。

 

私たちは徒歩で移動しましたが、第二ターミナルから10分程度でつきました。

 

第三ターミナルは簡易的なつくりになっていて、プレハブ感が凄いです。

手荷物カウンターもざっくりしたつくりだし、お店もフードコートとちょっとしたお土産屋さんくらいで殺風景です。

 

18時すぎにフードコートで夕食を済ませ、出国手続きをします。

 

日本人だと簡易的な出国手続きでOKでした。

海外の方は列を作っているのに、「日本のパスポートの方はこちらへ」と言われすいすい進んじゃいました。

 

さらに、手荷物検査も中国の人は靴までチェックされているのに日本人はただゲートをくぐるだけ。

 

超簡単でサクッと終わっちゃいました(^▽^)/

 

それが終われば飛行機の乗り場へと移動です。

この時確か19時30分ぎぎだったと思います。飛行機と写真を撮ろうと、ゲートのそばで写真撮影をしていたら、「ジェットスター〇〇便、まもなく搭乗終了となります。」みたいなことを言ってました。

 

出発は20時25分のはずなのに?と思いつつ、写真撮影はできないまま搭乗しました。

飛行機に乗るまでってたいていが橋みたいなのを渡るじゃないですか。

 

ジェットスターは橋が架かってなくて階段で行きます。

寒くてしんどかった(;^_^A

 

定刻通り出発したけれど・・・渋滞

 

成田空港は多くの飛行機が飛び交っているので、飛行機渋滞が発生するのが定番なんです。

定刻通りには出発したんですけど、結局渋滞にはまって30分以上は飛行機の中で待機。

飛び立ち水平飛行になるまで1時間くらいかかりました。

 

トイレに入りたくて急いでトイレに行ったらトイレもまた渋滞で、大変なスタートを切りました(笑)

 

ジェットスター機内食は2回も出た!

 

私たちはHISのツアーで申し込んでいたので機内食がついてきました。

 

1回目は水平飛行してすぐ、2回目深夜2時ころ。

 

1回目の機内食はカレーライスでした。

f:id:mariparon2:20190527085341j:plain

ピンボケしちゃっているんですが、カレー一択でルー少なめでした。

味は悪くはないですけど、お米はちょい固めだし、日本の米ではないので決して美味しくはないですね(;'∀')

 

飲み物はコーヒー、紅茶、お水の3択でした。

私は紅茶にしておきました。

 

あ、そうそうCAさんは外国の方ばかりでしたので、英語が基本でした。

私は英語が喋れないし、聞き取りもそこまで上手じゃない・・・戸惑っていたらなんと隣の方が通訳してくれてもう感謝しきれないくらいありがたかったです。

 

海外に行くなら最低限の英語は喋れるようにしておかないとだめですね。

 

機内食1回目が終わってから、次の機内食まで睡眠タイム。

ここで寝ておかないとケアンズについたとき何もできずに終わっちゃうので必死で寝る努力をしました。

 

でも、狭い機内ですのでトータル1時間も寝てないです。

 

2時ころに2回目の機内食がきました。

f:id:mariparon2:20190527085344j:plain

バナナケーキとコーヒーとチョコドリンク(子供用)バナナケーキはめちゃくちゃ美味しかったです。

通常、チョコドリンクは提供してないんだと思いますが、子供のためにCAさんが作ってくださりました。子供は飲まなかったけど・・・(寝起きだからね)

 

それが終わればもうケアンズに到着です。

現地到着は4時50分。

眠いからテンション下げ下げかと思っていましたが、ケアンズだー!海外だ!ってことでやっぱりテンションアゲアゲになりました(笑)

 スポンサードリンク

 

 

ケアンズの入国審査は厳しいと有名。

 

ケアンズの入国審査はとにかく厳しいといわれています。

入国カードにきちんと書いてないと罰金だといわれていました。

 

極力変なものは持って行かないようにしていてもどうしても必要なのが薬です。

頭痛薬やおなかの薬、海外では何が起こるかわからないからと薬だけは持って行こうと思っていたんですが、薬も入国審査でチェックされ場合によっては没収されるみたいです。

 

ただ、きちんと説明書きができれば大丈夫って聞いていたので薬の袋に一つずつ英文で薬名と作用を書いて持って行きました。

 

それを作るのに1日とかかかったのに、全然チェックされない

日本人に対しては甘いよ!ってのもネット上に書かれてたからもしかしたらとは思ってたんですが「メディシン?(薬?)」って聞かれて「YES」っていったら「OK」と。

 

見せろともいわれないし、どんな薬かも聞かれずにただ「薬?じゃあ通っていいよ!」って感じでした。

 

すんなり通れないかもって思ってたから拍子抜けしちゃいました(笑)

 

別に悪いことしてるわけじゃないから当然といえば当然ですが、面倒なことにならなかったので日本人で良かった。と思った瞬間でした。

 

ケアンズ空港で1時間以上の待ちぼうけ!

 

 

入国も無事に済ませ、HISのバスに乗ってHISのお店?へ行くんですが、今回は旅行者が多いからかバスに乗り切れないということで2便に分けられました。

私たちは2便目ということで荷物の整理をしたり着替えをしながら待っていました。

 

1時間くらい待たされようやくバスに乗車してケアンズの市内へ!

 

楽しい楽しい旅の始まりはHISのお店から(笑)

HISは旅行費が安い分お土産やツアーで儲けるタイプなので、ついてそうそうお土産の話やツアーの話を1時間ほどされます。

 

早朝からそんな話、聞いてられるかい!って感じで続々と退席。

私たちも初日にコアラと一緒に朝食を食べるツアーを申し込んでいたのですぐに退席。

 

ケアンズ市内から私たちのホテルは30分以上もかかる外れにあり、暑さと眠気とでへとへとになりながらホテルに到着。

 

チェックインは15時以降なので部屋には入れず、ツアーのお迎えがくるまでロビーで待機。

これからのことを思うとわくわくなんですけど、眠気がだんだん強くなり先行き不安な感じになってきました。

 

 

次回は「コアラと朝食ツアーの全貌とケアンズの初日」をお届けします。