日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

もうすぐ夏!おすすめの食べ物を一挙公開!

スポンサードリンク

今はじめっとした梅雨です。 けれど梅雨が終われば、夏がやってきます。

 

 

遊びの計画や暑さ対策など、すでに始めてるかたも多いのでは?

 

そんな夏におすすめな食べ物をご紹介していきます。

 

〈夏が旬!栄養満点な食べ物〉

 

まずは、旬の食べ物をご紹介していきます。

1 位は、スイカ 夏と言えばやはりスイカですね。 水分が豊富で、熱中症対策にもなる食べ物です。 水分だけでなくミネラルなどの栄養素も含まれています。 カリウムも含んでおり、体の余分な塩分を排出してくれる働きもあります。

2 位は、もも 梅雨から遅くて 8 月頃まで出ているもも。 品種によっては秋頃まででているものもあります。 水分、糖分を多く含んでおりこちらも熱中症対策になります。 また、カリウムも含んでおり、体の余分な塩分を排出してくれる働きもあります。 生のままでもデザートにしても美味しく頂ける食べ物です。

3 位は、とうもろこし お祭りの焼きとうもろこしが美味しいですよね。 最近では、果物のように生のまま食べれる品種もあります。 ビタミン B1 などを含んでおり、エネルギーの代謝に大きく関わり暑い夏を乗り切るエネル ギーの補給に繋がります。

4 位は、アスパラガス 春から秋にかけてとれる野菜です。 アスパラは 90%が水分でできており、ミネラル等の栄養がたっぷり。 食欲増進や免疫力の向上などの効能があります。

5 位は、鮎 食べ物の影響でスイカやきゅうりのような香りがすると言われています。 虫を食べないため臭みがない魚です。 ストレス予防や貧血の予防にも効果があります。


〈夏に食べるべき料理は?〉

 

夏バテが多いじきですね。 そこで夏に人気の料理をご紹介。

1 位 そうめん 薬味と一緒にめんつゆにつけて食べる料理ですね。 夏バテで食欲がなくても食べられると人気なようです。 お外で流しそうめん!など思い出作りにもぴったりです。



2 位 冷やし中華 麺がメインのこのメニュー。 実は野菜やお肉も一緒に食べるためバランスが良い食事なのです。 お店によってトッピングも違いますので、自分好みを探すのも楽しいかもしれません。



3 位 うなぎ 栄養価が高いうなぎ。 日本では蒲焼きにしてご飯にのせたうな重が定番ですね。 こちらも夏バテ解消に繋がるのでおすすめ。

スポンサードリンク

 

 


〈夏バテ予防の食材〉



旬の食べ物、夏の料理をご紹介してきました。 次は夏バテ予防に繋がる食材をご紹介します。

まず、夏バテ防止となる栄養素です。 タンパク質、ビタミン B 郡、ビタミン C、ミネラルの 4 つになります。 この 4 種のどれかを多く含む食材が夏バテ予防に良いとされています。
1 つ目がレバー。 タンパク質、ビタミン B 郡、ミネラルなど多く含む食材です。 調理が難しければお店で食べるのもあり。

2 つ目がうなぎ。 糖質や脂質の分解を助ける働きのビタミン B 郡が豊富です。 また、免疫力アップにかかせないビタミン A も豊富に含んでいます。 お値段がお高めなので、毎日は食べるのが厳しいかも。

3 つ目が枝豆。 糖質、タンパク質がバランス良い食材です。 ビタミン B 郡やビタミン C も含まれています。 夏には手軽に食べられる良さもありますね。

4 つ目がパプリカ。 野菜の中でもビタミン C が多く含まれており、ビタミン A や E といった抗酸化ビタミンも 豊富です。 サラダなど食卓に少し取り入れてみるのも良いかもしれません。

5 つ目が夏野菜。 体を冷やす効果があります。 トマト、なす、きゅうり、オクラ、ピーマンなどがあります。 冷やしトマトやきゅうりを食べて、体を冷やしてから食事をすると、食欲増進につながりま す。

6 つ目がレモン、塩 疲労回復効果があるレモン。 ミネラル豊富の塩。 2 つを水と合わせれば、夏にぴったりのドリンクができますね。

以上、夏におすすめの食材、料理をご紹介しました。 旬の食べ物は栄養価がたっぷりなので積極的に食べるようおすすめします。