日々の困ったに役立つ情報をお届け!

毎日の生活の中で「あれってどうする?」といった悩みを解決目指して日々の役立つ情報をお届けしています。

網戸の張替えをやってみた!準備するものややり方を紹介!

スポンサードリンク

f:id:mariparon2:20190702084249j:plain

蒸し暑い日が多くなってきて、窓を開けることが多くなってきたこの季節に気になるのが、網戸の状態。

 

私の家では、網戸に若干の穴があって蚊くらいなら通れる状態で放置していました。

 

「やらなきゃいけないけど、面倒臭い。」

「すごく大変そうだから、業者にお願いしようかな?」

 

と思ってたんですが重い腰をあげて自分でやってみることにしました。

 

 

 

 

網戸の張替えに必要な道具はこれだけ!

 

まずは、網戸を交換するのに必要なものを揃えます。

 

  • 網戸
  • 張替え用のゴム
  • 網戸張替え用ローラ
  • 網戸専用カッター

 

この4つです。

 

私は、楽天で買ったのですがご近所のホームセンターに行けば手に入ります。

 

網戸の質にもよりますが、私はそこまでお金をかけたくなかったので3千円前後で揃えました。

 

 

網戸の種類が豊富すぎて選ぶのが大変!

 

 

私も購入するまで知らなかったのですが、網戸といっても種類はさまざまあります。

 

例えば、

 

  • 薬剤が練りこんであって虫がこない網戸
  • 模様入りの網戸
  • 外から見えにくい網戸
  • ペット用に破れにくくなっている網戸

など様々あります。

 

用途によって購入するのがいいですが、私は断然「虫のこない」網戸を選択。

 

 

ゴムの種類は網戸によって異なるので注意!

 

 網戸が決まったら、次は網戸を押させるゴムを決めます。

各ご家庭の網戸によって、ゴムの太さが違うんですよね。知ってました?

 

一般的には3.5㎜~4.5㎜ですが、よくわからない場合には今使っているゴムを少しだけかっとしてホームセンターで聞いてみると教えてくれます。

 

私は、4.5㎜を買いましたが自分で判断したのでちょっと太めでした(;^_^A

でも、無理に押し込めればゴムなので入っちゃいました。

 

あとは、専用ローラー、カッターを揃えたら、いざ!交換です。

 

スポンサードリンク

 

 

張替え作業を開始! 

 

網戸を外して、網を枠に合わせて置いていくのですが、網戸の枠より少し大きめに網を置くときれいにはれます。5㎝もあれば十分です)

 

網の位置が決まったらゴムをはめ込む作業をしていくんですが、この時にローラーを使ってぐいぐいと押し込めていきます。意外と力が必要でした。

 

ゴムを入れ込む時の注意!

この時、ゴムの始まりを角にするのではなくて、くの字にするとのちのち外れにくいです。

きちんと溝にはまったら、専用カッターでカットして完成です。

 

専用カッターがなくてもハサミでカット可能なのですが、完成度がいっきに上がりますし、ハサミですと無理に引っ張るのでせっかく綺麗に張っても、失敗する可能性があります。

 

私は一人で作業しましたが、二人でやった方が楽だと思いました。!

 

なれれば、一つ10分程度で交換できますよ。

 

 

張替えの注意点

 

 

実際やってみて、いくつか注意点があったので挙げてみます。

 

・ゴムのサイズ選びは慎重に!

 これは、本当に失敗したので、気を付けていただきたい点です。

 ちょっと太くても入りますが、かなり力が要ります。楽々入る

 サイズでもはずれやすいので、ぴったりかほんの少し太めが良いかと

 思います。

 

・網を押させるクリップはあったほうがいいかも!

 私は使いませんでしたが、クリップがあったほうがずれてくることが

 なく、作業可能です。絶対ないダメ!ではないですが、

 あったほうが良いと思います。

 

自分で交換したのに思いのほかきれいになった!

網戸ごとき交換したってそんなに変わらないかなと思いましたが、見違えるほど綺麗になりました!

 

通る風も良い風になった気が…。(これは錯覚)

 

今後虫が入ってこなければ完璧ですが、今のところは入ってきてません。

 

みなさんもぜひやってみてくださいね。